Calendar
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>
NewEntry
Profile
Category
Archives
Comment
Search
Link

Favorite
素材満載 ブログで作る かんたんホームページ [CD-ROM付き]
Mobile
qrcode
Sponsored Links
原爆忌・敗戦の日に 反戦・平和を誓う

 東雲寺坐禅会で参加者の皆さんにお配りしている「坐禅会たより」が800号になった。坐禅会にご参加の皆さま、「たより」をお読みくださっている皆さま方のお励ましのお陰であり、心から感謝申し上げている。
 800号に因んで、皆さまのご意見ご感想などをお寄せいただければありがたい。よろしくお願い申し上げます。
 「坐禅会たより」第1号は1989(平成元)年6月であり、今年の夏でちょうど30年になる。一面では道元禅師のお教えを学び、二面ではそのときどきに拙が関心をもったことがらを書き綴って来た。今夏は、亡き母(眈召海函■横娃隠検卻神30〉年6月18日逝去、享年97歳)が晩年に私宛てに書き送ってくれていた「思い出話」の手紙を紹介している。

 8月6日は「広島原爆忌」、9日は「長崎原爆忌」、15日は「敗戦」の日だ。「終戦」は日本政府がポツダム宣言の履行等を定めた休戦協定(降伏文書)に調印した1945(昭和20)年9月2日だろうか。
毎朝のお勤めの中で世界平和の実現や人々の安寧や幸福を祈っているが、8月に入り、原爆忌や敗戦記念日が近くなると、改めて「どのような理由の戦争もしてはいけない、させてはいけない」と強く思い、誓いを新たにしている。 

 
 今回、紹介する「思い出話」は、戦後、夫の大隣寺27世住職眈樵墜佳舅他阿ら聞いた、戦地から引き揚げるときの話である。

  

 「日本は負けた」戦地から退却の軍隊の輸送の係は、祖堂和尚が指揮を取り、トラックに負傷して居る兵士、衰弱して居る兵士を詰め込んで送り出し、最後のトラックが出発する許りの時、行軍にはとても耐えられない弱り切った兵士を見つけ、よく見たらS寺さんでびっくり。「S寺か」と声をかけ、「ハイ」と言うので、「オレは大隣寺だ。これが最後のトラックだ。何としても乗せるから」と、ギュウギュウ押し込んで送り出したとのことです。それでS寺さんは祖堂和尚より八ヶ月も早く還ったとのことです。
残った者はあの大陸を中支から港(?)まで行軍で日中は中国の人らに石をぶつけられ、オシッコを引っかけられて歩けなくて、夜ばかりの行軍で、目印に前の人のリュックに下帯を下げ、ぼんやり白い下帯を見失わないように、もう夢中で母国に帰りたい一心でもくもくと歩いたとのことです。一ヶ月も歩くとそこに駐屯し、その辺りを耕し何かを作れと上部からの命令で、我慢我慢と皆を励まし助け合って帰国、復員したそうです。
 その暗中行軍の折、祖堂和尚付の上等兵が衰弱して了って皆で荷物をかついでやり肩を貸して歩いてゐるうちにバタリと倒れ息が絶えて了ったとのことでした。朝の勤行の折、祖堂和尚は何時もその兵士の名を称え泣いて居りました。

 

  中国大陸などからの引き揚げは兵隊も民間人も大変な苦労をしたという話を聞いている。
 母は、1922(大正11)年6月14日、福島県伊達郡上保原村の泉福寺住職・熊野龍範さまとその妻サダさまの四男四女、上から五番目の三女として生まれた。地元の小学校を経て福島県立福島高等女学校へ進み、1939(昭和14)年3月に卒業している。この「福女」卒を母は誇りにしていたし、その級友との交流は晩年まで続いていたようだ。娘時代の母は、群馬県高崎市、旧多野郡吉井町の延命密院住職のもとに嫁いだ長姉のもとで行儀見習いをしたり、江戸川区東葛西、旧長島村の自性院に住職した兄のもとへ甥誕生の折に家事手伝いに行ったりした。
 このころ戦争が徐々に深刻な状態になる。1943(昭和18)年5月ころ召集され南方に送られた自性院の「明海兄さん」は、三歳と一歳の子どもたちを残して戦死、母のすぐ上の次姉「トミちゃん」の夫も戦死している。
 母は戦争中は福島県庁に勤めていた。男たちが兵隊に取られて地元に居ないため、母のような女たちが男たち不在の県庁の仕事を補完していたのだろう。



2018.08.13 Monday 21:40
東雲寺あれこれ comments(0)
暑い夏が来て 原爆忌 敗戦記念日が廻り来る 

 毎日、全国各地で最高気温が35度を越え「命に関わる危険な暑さ」というニュースが報じられている。こんなにすごい酷暑の夏は初めての経験だが、暑い夏が来ると「原爆忌」や「敗戦記念日」の季節が廻って来たことを感じる。
 私の実母・真観院松雲妙韻禅尼(高松ことさま、平成30年6月18日逝去、享年97歳)が最晩年に昔の思い出を手紙で書き送ってくれていた。以下は亡夫・高松祖堂大和尚(福島県二本松市大隣寺27世住職、昭和57年11月25日遷化、世寿67歳)の軍隊時代の話を紹介する一文である。

 

 祖堂和尚は戦争の話を余りしませんでしたが、35年の間チョクチョクと語ってくれた事を今日は思い出すまま書いて見ます。
 祖堂和尚は危うく命を落としそうな時が三度あったとのことですが、その都度、戦友(部下)に助けられて、今が在るのだとつくづくみ仏が守ってくれたと感謝して居りました。
 一兵卒の頃、第一線での闘いでさんざんな負け戦で戦死者は出る、負傷者はごろごろの時、臀部から脚にかけて弾が貫通し、出血がひどく失神して居た祖堂和尚を浪江(福島県双葉郡浪江町)の本山さんという兵隊さんが負ぶってトラックに乗せ、野戦病院まで付いて行ってくれたそうです。負傷者が大勢あったその中を何故か本山さんが祖堂和尚を助け背負ってくれたこと、観音様ですね。
 戦後、その方が訪ねて来た時、「オー、命の恩人だ」と抱きついて喜び、共に生還したことに感激して居りました。
 一兵卒への手当は悪く脚が腐って来て、軍医が股から切断だと言ったのだそうです。側に居た衛生兵が軍医が去ってから「大隣寺の息子ではないか」と声をかけてくれ、「暗くなったら病棟の裏に来るように」と言われ、暗くなるのを待って行ったら、注射を一本打ってくれたのだそうです。二本松出身の兵隊さんだったのですね。一兵卒になど用いない高価な注射だったらしく、腐りが止まったので、軍医が不思議がってオカシイ、オカシイと首をかしげて居たそうです。
 戦後、この方も二度ばかり訪ねて来られましたが、恩に着せるふうのないよい方でした。やはり二本松人でしたね。
 任官してから大変な激戦で「今出たら危ない」との軍曹の言葉を聞かないで祖堂和尚が飛び出して了ったのだそうです。軍曹が直ぐ追いかけ、祖堂和尚を抱きかかへ、元の陣地に戻った途端、飛び出したその場所に爆弾が落ち、一足間違えたら木っ端微塵になるところだったと祖堂和尚が言って居りました。後にその方は何度も訪ねて来られました。その度に命の恩人と大事にもてなして居りました。我が家にお泊まりになったりしました。
祖堂和尚は、その都度、助ける神(仏)が現れて、お陰で帰れたと何時も感謝して居りました。
今まで一緒に戦って居た戦友が目の前で戦死。その人に気遣って居たら自分が危ない。戦争は本当に生きるか死ぬか紙一重だったと言ってました。
 天皇陛下バンザイと言って倒れた人は野戦病院から負傷が治って再び戦場に戻ったそうです。オカアチャーンと最後に叫んだ兵隊は戦死されたそうで、人間は最後はオカアチャーンだと言って居りました。

 

 50年以上前、私たち子どもが、当時テレビ放映されていた『コンバット』や『遊撃隊』などの軍隊ものの番組を観ていると、父・祖堂大和尚がやって来て「戦争はこんなもんじゃない!」と言って、テレビのスイッチを切ってしまうことがあった。
 「天皇陛下バンザイ!」「オカアチャーン!」の話は、父が母に話をしているときに聞いたのか、別の機会だったのか不明だが、私も耳にしていた。父の尻には確かに銃弾貫通の傷痕があった。これまで詳しくは知らなかった負傷後の経緯について、数年前の母の手紙で知った。
 「私」たちは戦場での生死紙一重の体験を想像できるか。



2018.07.23 Monday 10:30
人権・平和・環境 comments(0)
圭室文雄先生の夏期連続講座開催

 今年も東雲寺文化講座に明治大学名誉教授・圭室文雄(たまむろ ふみお)先生をお招きし、7月22日(日)、8月26日(日)、9月16日(日)のいずれも15時〜16時30分に開催。今年は訪れてみたい鎌倉寺院の歴史がテーマです。

聴講希望の方は、会場、資料準備のため予めお申し込みください。

メール butudou-sogen@vesta.ocn.ne.jp

FAX 042−721−2964

〒194ー0044 町田市成瀬4−14−1 東雲寺

 

受講者の方には「西日本豪雨被災地支援募金」として資料費200円のご協力をいただいています。



2018.07.23 Monday 10:12
東雲寺あれこれ comments(0)
夏の子ども坐禅会開催

 

 7月21日、夏休み最初の土曜日の本日、夏の子ども坐禅会を開催しました。幼児から中学生まで67人、保護者の方たち引率者が50人、一緒に坐禅をしてくださいました。

 

 東雲寺夏の坐禅会は、毎週日曜日の朝7時〜8時に開催、夏の子ども坐禅会は夏休み最後の土曜日、8月25日朝7時〜8時に開催します。



2018.07.21 Saturday 21:13
東雲寺あれこれ comments(0)
懺悔滅罪〜あの涕泣の理由〜

  私が生まれ育った福島県二本松市の大隣寺では毎月17日夕刻に「お逮夜(おたいや=忌日前夜の読経法要)」を行っていた。現在は師父・二十七世大徹祖堂大和尚(昭和57年11月25日示寂)の月忌命日逮夜である毎月24日に移行、修行されている。
 17日は大隣寺二十五世黙雄領禅さま(昭和4年7月17日示寂)の月忌命日、二十六世禅機魁学さま(昭和20年12月18日示寂)の月忌命日逮夜にあたり、毎月17日の夕方に寺内全員で『修証義(しゅしょうぎ)』を読誦供養していた。『修証義』は五章で構成されており、下記のように1月は一章、2月は二章というふうに読んでいた。
  第一章「総 序」
    1月、6月、11月
  第二章「懺悔滅罪」
    2月、7月、12月
  第三章「受戒入位」
    3月、8月
  第四章「発願利生」
    4月、9月
  第五章「行持報恩」
    5月、10月
 私が小学校低学年当時、毎月17日午後に福島県内各地から数名の住職方が大隣寺にお出でになり、寺内の者たちとともに『修証義』を読誦、お逮夜法要を修行していた。遠方の方はその夜一泊されて翌朝お帰りになったりした。その頃、お客さまがお寺に宿泊されることが珍しいことではなかったが、私たち子どもにとってお客さまが来るというのは、なんとなく嬉しいような、ウキウキするようなできごとだった。
 それはたぶん7月のお逮夜の日のことだったと思うが、福島県内K町G寺さまが大隣寺にお見えになった。G寺さまは到着するとすぐに玄関の次の間にあった庫裡のお仏壇にお線香を上げてお詣りされた。
 7月だから『修証義』第二章「懺悔滅罪(さんげめつざい)」を読む月だった。第二章は他の章より短く、法要が少しだけ早く終わって夕食になるし、私の誕生月の2月に読む章だったことなどから、私は第二章が好きだった。そういうわけで懺悔滅罪の意味も知らずに、考えもせずに、仏壇にお詣りしていたG寺さまに「懺悔滅罪やっぺない(やりましょう)」と言うと、G寺さまが声を上げて泣き出してしまった。大の大人が啼泣したことに驚き、その記憶が心に深く刻まれたが、なぜ泣いたのかの理由については近年までよく分からずにいた。


 母・真観院松雲妙韻禅尼(故高松ことさま、平成30年6月18日逝去、享年97歳)が最晩年に昔の思い出を私に手紙で書き送ってくれていた。以下はその一節である。

 

  (前略)ご前様(大隣寺二十五世黙雄領禅さま)がお留守の時は魁学方丈(後に二十六世となる禅機魁学さま)が代わって修行の指導をしたようです。間もなく魁学方丈が高林寺の住職となり、ある時、ご前様のお留守の時、大隣寺に来て修行僧を監督し、暗くなって帰路につき、途中で安達ヶ原の観世寺の辺りで忘れ物を思い出して引き返して来たら、お寺は真っ暗、もぬけの殻、坊さん逹は皆で遊び(芝居)に行ったとのことです。魁学様は玄関に坐禅して待って居たら、暫くして賑々しく皆が帰って来たのだそうです。魁学様が凄い顔で居たので皆で蒼くなり、坐禅させられ警策(きょうさく)をバッチバッチと打たれたのだそうです。中でも首謀者のK町のG寺様は警策が折れてふっとび、肩の肉が裂け血が出て、玉泉寺様は恐くなって実家に逃げ帰り、親戚の医者に手当てをして貰って、診断書を書いて貰ひ警察に訴えたとのこと。
  警察が大隣寺に来て、魁学様を出せと云う声を聞き、ご前様が奥から玄関に出られ、修行中のことは何人も口出しは無用と鶴の一声で収まったのだそうです。G寺様は、後日、人を介して詫びを入れ、大隣寺に戻った由。
  G寺様と梅侃さんは申し合わせて、七月十七日にはよく来山なさいました。時にはご前様のお弟子が沢山集まって巨邦会(大隣寺の山号に因む会名)等で一泊なさいました。警策の件はその折の話です。G寺様はあの警策で今自分が坊さんをして居られるのだと仰いました(後略)

 

 今日では傷害事件となる事案だが、戦前の叢林(そうりん=禅の修行道場)でのことだ。警策で懲らしめの指導があり、このことがG寺さま啼泣の背景にあったようだ。



2018.07.12 Thursday 10:32
住職雑感 comments(0)
境内のノウゼンカズラ
2018070312030000.jpg


2018.07.03 Tuesday 12:04
東雲寺あれこれ comments(0)
ノウゼンカヅラとアジサイ
2018062108050000.jpg


2018.06.21 Thursday 08:05
東雲寺あれこれ comments(0)
相模原障害者殺傷事件が問いかけるもの

 6月11日(月)15時から市内のホテルで町田市仏教会の総会が行われた。市仏教会の行事は、4月上旬に行われる「花まつり」  お釈迦さまのお誕生をお祝いする法要と落語などの余興、そしてこの総会くらいなのだが、他宗派の寺院住職方とお会いできる数少ない機会なので、毎年できる限り出席しようと心がけている。だが、実際には他にはずせない用事が重なったりしてしまい、なかなか思い通りにいかないことの方が多い。
 今回は市仏教会の総会に、初めての試みとして研修が併設され、「津久井やまゆり園事件が問いかけるもの  障害者差別と優生思想」というタイトルの講演が行われるという案内があったので、ぜひ出席したいと思っていた。


 まだ記憶に新しい事件だが、この「津久井やまゆり園事件」とは一昨年(2016)の7月26日午前2時ころ、神奈川県立の知的障害者福祉施設に元職員(当時28歳)が、建物一階の窓ガラスを割って侵入、刃物で施設利用者を次々に刺し、男女19人が死亡、27人(職員3人を含む)が負傷した「相模原障害者殺傷事件」である。日本で発生した殺人事件としては、戦後、最悪の大量殺人事件と言われている。 


 この研修の企画をしたのは、市内南町田一丁目の常楽寺住職S師である。彼は、独特の思考回路を持っているように感じさせる、私にとって気になる青年僧の一人である。S師曰く、「津久井やまゆり園事件」が風化しているように感じている。間もなく事件から2年になるので、改めて事件の意味するものを学び、考えてみたかったとのことだった。彼が講師として招いたのは、公益財団法人「東京都人権啓発センター」派遣講師の大野精次氏。同センターのホームページに講師謝礼(一時間以内、1万7千円、一時間を越える場合、一時間1万5千円、いずれも税別)などと明示されており、予算的に頼みやすかったとのこと。また、このセンターが昨年(2017)1月に台東区橋場一丁目から港区芝二丁目に移転、曹洞宗宗務庁(曹洞宗の本部事務所)の隣りに開館したので、センターを訪ねて〈障害〉者スポーツの一つである「ボッチャ」を体験、展示資料を見るなどして来たという。


 S師が、人権啓発センターに対しやまゆり園で引き起こされた「相模原障害者殺傷事件」についての講演を依頼したところ、一般的な人権・差別問題に関する講師派遣を行っており、特定のテーマの講演依頼は請けてないと言われたそうだが、大野氏はS師の要望を容れて、「相模原障害者殺傷事件」に的を絞った講演をしてくださった。ただ大野氏自身は〈障害〉者福祉の専門家ではなく、人権・差別問題について活動されて来た人でもなく、築地から豊洲へ市場移転に関する東京都の事業の中で重要な役職を歴任して来た方とのことだった。都を退職後に、人権啓発センターの専務理事を経て、現在、人権問題研修講師をされている方という。
 この度の市仏教会での研修では、事件の概要、被告について、衆議院議長宛の手紙、優生思想、弱者は余計もの?、障害者の生きる権利、障害者基本法、青い芝の会の主張、優生保護法により強制不妊手術、出生前診断、ハンセン病患者への差別、やまゆり園事件の匿名報道、措置入院患者、政府の対応、ひとりひとりが問われているなどの柱立てのレジュメで、一時間余の講演とその後の質疑に丁寧に対応してくださった。


 今年になって旧「優生保護法」により知的障害を理由に不妊手術を強制されたことに対し、国家賠償を求める裁判が起こされている。また、ハンセン病が不治の病でなく、遺伝病でもないことが明らかになった後も、1996年4月まで「らい予防法」のもとで元患者に対する隔離が行われ、不妊手術を条件に結婚を認め、妊娠が分かると中絶を行って来た事実もあった。
 〈障害〉者の障害となっているものは、私たちの社会が作り出しているものであり、優生思想による差別であって、今回の「相模原障害者殺傷事件」の講演を聴講する中で、改めて人間存在の意味、人の尊厳について考えることができた。



2018.06.19 Tuesday 06:57
人権・平和・環境 comments(0)
境内のアジサイ

 

今年は久しぶりにアジサイの美しさに息を呑むようなことがあります。

写真撮影がへたくそで、本当のアジサイの色がお伝えできなくて残念です。



2018.06.09 Saturday 21:31
東雲寺あれこれ comments(0)
東雲寺境内のアジサイ

 

東雲寺境内のアジサイが見ごろです。

早朝のアジサイが一番ですが、カメラで撮ると、なかなか本当の色合いが出ません。

この写真は午後6時、夕方のアジサイです。



2018.06.09 Saturday 18:15
東雲寺あれこれ comments(0)
1/74PAGES >>