Calendar
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< January 2019 >>
NewEntry
Profile
Category
Archives
Comment
Search
Link

Favorite
素材満載 ブログで作る かんたんホームページ [CD-ROM付き]
Mobile
qrcode
Sponsored Links
日々変わらねど すべてに新たなり

 山形県上山市の寿仙寺住職・吉田時夫老師から季刊の『寿仙寺だより』110号(2019年1月)を頂戴した。これまでに二十七、八年間ご恵送いただいており、お元気でご活躍の老師の様子をお伝えくださる“便り”である。今回の「たより」の一面には青空のもと雪景色の寿仙寺のカラー写真と「日々変わらねど すべてに新たなり」と題した年頭の挨拶文が掲載されていた。四十五年ほど前、修行中の吉田老師が福井県の大本山永平寺で迎えた元旦の思い出が記されていた。

 

 住職が永平寺で勉強中の時のことです。元旦の朝を迎えると、法堂(はっとう=本堂)での朝のお勤めで、特別に禅師さま(永平寺の住職)に質問することが許されます。特に一年生は質問をするように先輩僧から厳しく指導を受けましたので、私も質問をすることになりました。時の禅師さまは目がご不自由でおられ、声に対しては特に配慮をしていたといいます。私の順番になりました。緊張の中での質問でしたので、文章的に正確だったかどうかは分かりません。
 「日々、朝・昼・夜の行事、坐禅、本講、作務(労働)に勤めています。今日も昨日と変わりません。修行僧にとって今日は何か特別の日なのでしょうか」
 これに対して禅師さまは私の心を斟酌して、はっきりと応えられました。
 「日々変わらねど すべてに新たなり」というものでした。
 いつもお正月を迎えると、この言葉がよみがえってきます。(後略)

 

 東雲寺の坐禅堂壁面に吉田老師から頂いた写真が三点掲示してある。坐禅堂入口の真上に「太白山天童景徳禅寺」(その昔、道元禅師が修行された中国の禅寺「天童寺」)の写真、その斜め左下に「大日如来」そして坐禅堂の奥の右側に「地蔵菩薩」。ひとつは吉田老師が1980(昭和55年)初冬に駒澤大学中国仏教史蹟参観団の一員として訪中した際に撮影した天童寺仏殿の写真であり、他の二つは、当時、吉田老師が休暇を利用して国東半島はじめ全国各地を訪れ撮影した石仏写真の中の二作品である。老師が東京都港区芝の東京グランドホテルで石仏写真の個展を開いたことがあり、そこで展示した作品の中から、後日、拙(わたし)が老師にお願いして頂戴したものである。
 実は吉田老師と拙(わたし)とは福井県の大本山永平寺で同時期に修行し、さらにその後、曹洞宗宗務庁(教団の本部事務所)にも一緒に勤務し、ほぼ二十年間、毎日顔を合わせ、週に一、二度は盃を傾けていた間柄である。

 老師はこれまでに数々の労著をものされており、代表作のひとつ『随想 曹洞宗と天皇制を考えるヒント』(1997年4月)が『山形新聞』「味読・郷土の本」欄に取り上げられることになった折には、当時、曹洞宗人権擁護推進本部事務局長を務めていた拙(わたし)に書評の依頼があった。以前、この書籍のもととなる四百字詰二百五十枚ほどのワープロ原稿を読み、ぜひ公刊すべしとお勧めした者として、推薦の一文を寄せて、その最後を次のように締めさせていただいている。

 

 (前略)「大逆事件」の「暗黒裁判」で死刑に処せられた内山愚童和尚の問題や、教団や宗教者の戦争荷担の問題についても多くのページを割いて検討し、吉田師は次のように言う。「今後同じ過ちを繰り返さない為にも、今日、この歴史をできるかぎり正確に理解し、その原因を見極め、歴史から学んでいかなければならない。これが自ら宗教人生を確立していく出発点のように思えてならない」と。
 ぜひ議論の素材とするため、教団内外を問わず識者の方がたの一読をお願いしたい。

 

 この書籍はその後に加筆増補され『曹洞宗と天皇制を考える』として2014年3月に東京新宿区の文芸社から新たに出版刊行されている。興味のある方、どうぞご一読を。
 吉田老師は常に「仏教とは何か」を確認する作業を続けつつ学びを深められ、その成果を『寿仙寺だより』にまとめ、檀信徒の方たちのみならず拙(わたし)などまで啓発くださっている。日々変わらねど、すべてに新たなりである。心して精進修行したい。



2019.01.07 Monday 09:33
住職雑感 comments(0)
除夜の鐘

 

 

 

 2018年大晦日の23時30分より除夜の鐘を行いました。 

 除夜の鐘を撞くのを待つ人たちの列です。



2019.01.04 Friday 16:15
東雲寺あれこれ comments(0)
『法句経』を読んでます

 

 東雲寺仏教講座『法句経』を読む(第10回)を開催いたしました。

 30名ほどの方がご参加くださいました。

 

197 怨みをいだいている人々のあいだにあって怨むこと無く、われらは大いに楽しく生きよう。怨みをもっている人々のあいだにあって怨むこと無く、われらは暮らしていこう。

210 愛する人と会うな。愛しない人とも会うな。愛する人に会わないのは苦しい。また愛しない人に会うのも苦しい。

 

 などの190詩句〜220詩句を中村元訳『ブッダ 真理のことば』岩波文庫、友松圓諦訳『法句経』講談社学術文庫などで読み比べながら読みました。

 



2018.12.24 Monday 08:21
東雲寺あれこれ comments(0)
『法句経』を読んでます

 紀元前4〜3世紀に成立した最古の経典、原始仏典のひとつ『法句経』を読みながら仏教の教えを学んでいます。

 中村元先生の『法句経』(岩波文庫)、友松圓諦師の『法句経』(講談社学術文庫)の現代語訳、友松訳詩、『法句経』漢訳およびその読み下しを併読しながら、『法句経』の教えを学んでいます。

 下記の「第14章 ブッダ」の190、191詩句は仏法僧の三宝、四諦八正道の教えが説かれています。

 興味のある方は、butudou-sogen@vesta.ocn.ne.jp に予めお申し込みくださり、

  12月23日(日)14時30分までに東雲寺本堂にお出でくださり、ご参加ください。

  明年は1月27日(日)14時30分〜16時に開催予定です。

 

 |翅叱機悒屮奪世凌人の言葉』(岩波文庫)
  「第14章 ブッダ」
190,191  さとれる者(=仏)と真理のことわり(=法)と聖者の集い(=僧)とに帰依する人は、正しい知慧をもって、四つの尊い真理を見る。  すなわち(1)苦しみと、(2)苦しみの成り立ちと、(3)苦しみの超克と、(4)苦しみの終滅におもむく八つの尊い道(八聖道)とを(見る)。

 

◆〕Ь菖つ『法句経』現代語訳(講談社学術文庫)
  「14 仏陀について」
190  仏陀と達磨と僧伽とに帰依するところの人は正しい智慧をもって四つの尊い真理を見ることができる。(仏・法・僧宝)
191  四つの尊い真理とは、人生の苦しみなること、その苦しみが何によって起ってきたかということ、次にはこの苦しみの離脱、次には苦の滅尽に達する八種の尊い形式のことである。(四諦)

 

 友松圓諦『法句経』(講談社学術文庫)
  「第14品 仏陀」
190  さとれるものと
        真理の法と
        和合の集まりに
        帰依するものは
        正しき智慧もて
        四つの聖なる
        真理を見るなり
191  くるしみと
       くるしみの
       おい立ちと
       離脱と
       くるしみの
       滅尽に導く
       八つの聖道

 

ぁ 慄ゞ膩弌抓遡(講談社)友松読み下し
  「第14品 仏陀」
190  如有自帰
       仏法聖衆
       道徳四諦
       必見正慧
  如し自ら仏、法、聖衆、道徳の四諦に帰する有らば、必ず正慧を見ん。
191  生死極苦
       従諦得度
       渡世八道
       斯除衆苦
  生死は極苦なり、諦に従って度を得、世を度する八道は、斯れ衆苦を除く。



2018.12.19 Wednesday 11:58
仏教の教え comments(0)
「眼横鼻直」は道元禅師の教えではない

 12月15日、横浜市保土ケ谷区上星川の「花しん」さんで、いつもお世話になっている諸先生方を囲んで恒例の年忘れの会を開催した。毎度のことだが、いつものメンバーで談論風発の中、楽しいひとときを過ごさせていただいた。今回は残念ながら石井修道先生(駒澤大学名誉教授)は先約があって欠席された。一月ほど前にこの会の案内状を差し上げたところ、先月末に石井先生から12月15、16日に駒澤大学禅研究所主催の国際シンポジウムがあるため欠席というお葉書をいただいた。さらに「忘年会の誘いをいただきありがとうございました。シンポジウムの案内を添付します。私の発表も添付しておきましょう」というeメールも頂戴した。添付されていたのは「『永平広録』成立考」という四百字詰め原稿用紙にすると80数枚になるご論考だった。
 早速、拝読した。前半は道元禅師の説法などをお弟子たちが記録、編集した『永平広録』に卍山本(流布本)と門鶴本(祖山本)系統の二つの写本の流れがあり、それを子細に比較検討してみると卍山本には道元禅師の主張と関係のない「眼横鼻直」の語が混入されるなどの改悪があるというのだった。これはかつて石井先生から頂戴した「『永平略録』考  十二巻『正法眼蔵』と関連して」(『財団法人松ヶ丘文庫研究年報』第11号、1997年3月)という論文でも指摘されていた問題である。

 

 『永平広録』10巻が、無外義遠(生没年不詳、中国南宋代の僧、如浄さまの法を嗣ぐ。つまり道元禅師の兄弟弟子にあたる)によって『永平略録』一巻に縮小編集された際に、道元禅師が中国宋代禅と訣別、「非連続」の教えを説かれたところが削除されてしまい、宋代禅と「連続」の教えのみのものに改悪されてしまった。その改悪された『永平略録』を参考にして校訂されたものが卍山本(流布本)『永平広録』なのである。
 石井先生は

 「私は宋代禅とは思想史的には〈非連続〉であるところにこそ道元禅の特色があり、道元の晩年の大きな変化とみる。それ故に、このように道元禅の特色が見失われたことは、日本の曹洞宗史の上で不幸なことであったというのが、私の結論である。/よって『永平略録』を継承する卍山本は、害のみあって、これを道元の著述として利用するのは、むしろ避けるべきだと私は思うものである」

 と断言されている。

 

 この石井先生の「『永平広録』成立考」というご論考を頂戴する数日前、東雲寺宛に送られて来たダイレクトメールの中に「やさしい仏教講義 〈当たり前〉こそが素晴らしい   〈眼横鼻直〉の教え」(ユーキャン出版事業部『やすらぎ通信』2018年秋冬号)があったのを思い出し、雑誌や新聞紙を積んでおいた中から探し出して改めて読んでみた。

 

 今回取り上げたのは、曹洞宗の開祖・道元禅師の言葉です。
 「目は横に、鼻は縦についているということに気づいて、余計なことに惑わされることがなくなった」
 日本での修行に飽き足らなかった道元禅師は、より深い仏さまの教えを求めて、当時は宋の時代だった中国に渡り、各地を巡った末に生涯の師と仰ぐ如浄禅師と出会われました。如浄禅師のもとで修行を積んだ道元禅師が、日本に帰国して述べられたのが、冒頭の言葉です。
 はるばる中国まで渡って気づいたのは、目は横に、鼻は縦についているということだった。道元禅師はそうおっしゃっているのです。
(後略)

 

 これが著名な師家(学徳のある禅僧)A師の講義録の冒頭部分である。ただし、文章の最後に「文責:編集部」とあるので、編集部が勝手にまとめた講義録か? 演題も編集部のでっち上げか?
  道元禅師の主張と関係のない「眼横鼻直」を道元禅師の教えとするような「講義」は、断じて講義などではないとだけは言える。

 

 なお、「『永平広録』成立考」の後半で石井先生は、「門鶴本」にも古い形を失っているところがあるという指摘をされる一方で、『永平広録』は晩年の道元禅師の主張として重要視すべきだということを改めて述べておられる。
 石井先生の誠に親切なご教示に感謝申し上げたい。



2018.12.16 Sunday 15:01
道元禅師の教え comments(0)
今朝の紅葉

2018113013320000.jpg



2018.11.30 Friday 13:32
東雲寺あれこれ comments(0)
晩秋の東雲寺境内

 

早朝、境内掃除をしていると、東側から陽がさして来て、境内の紅葉が赤々と輝き出しました。



2018.11.28 Wednesday 21:49
東雲寺あれこれ comments(0)
東雲寺仏教講座「『法句経』を読む」開催

 『法句経』第12章「自己」の165詩句から第13章「世の中」、第14章「ブッダ」の191詩句まで拝読しました。

 183詩句は「すべての悪しきことをなさず、善いことを行ない。自己の心を浄めること、ーーこれが諸の仏の教えである」であり、この漢訳は「諸悪莫作、諸善奉行、自浄其意、是諸仏教」という、いわゆる「七仏通誡偈」と言われるものでした。(ただし、二句目は「衆善」ではなく「諸善」)



2018.11.26 Monday 11:08
仏教の教え comments(0)
NPO法人成瀬会館 歴史文化講座

成瀬会館歴史文化講座

主 催  NPO法人 成瀬会館

講 師  東雲寺住職 柚木 祖元

日 時  11月18日(日)14時〜15時30分

会 場  成瀬会館ホール

演 題  東雲寺/地域の人々と歩む400年(後半)

参加費  500円

申込み  氏名、住所、電話番号、FAX番号を書いて下記へお申し込みください。

      成瀬会館  042−850−9558

 

今年2月に同じ演題で江戸時代後期までのお話ししましたが、今回はその続きをお話しします。



2018.11.05 Monday 14:10
成瀬あれこれ comments(0)
成瀬名物東雲寺寄席(第10回)

露の新治師匠の発案・命名で始まった「成瀬名物東雲寺寄席」が第十回を迎え、11月4日(日)13時30分〜16時30分、大勢の落語ファンの皆さんが東雲寺本堂を埋め尽くして、大入満員で開催されました。

今回も柳家さん喬師匠・露の新治師匠の二人会、ゲストに三遊亭絵馬さん(紙切)にご出演いただきました。

演目は

「抜け雀」 新治師匠

「寝床」  さん喬師匠

「きせる」 新治師匠

 中入

 切紙   絵馬師匠

「幾代餅」 さん喬師匠

 

お客さまのお一人Sさんの似顔絵を紙切中。

 



2018.11.05 Monday 13:41
東雲寺あれこれ comments(0)
1/76PAGES >>