Calendar
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>
NewEntry
Profile
Category
Archives
Comment
Search
Link

Favorite
素材満載 ブログで作る かんたんホームページ [CD-ROM付き]
Mobile
qrcode
Sponsored Links
圭室先生の連続講座開催

  本日、15時〜16時30分、今年も圭室文雄先生(明治大学名誉教授)のご法愛により、2019(令和元)年7月〜9月の連続講座を開催します。

  今年は第一回「寛永寺」、次回8月25日「増上寺」、3回目は「勧修寺」についてお話しいただく予定です。

 

 

 

 

 



2019.07.28 Sunday 22:41
東雲寺あれこれ comments(0)
鮮やかにノウゼンカズラが咲いてます

 

 

昨年秋の風台風で大きな枝が折れてしまい、今年はどうかなと思っていましたが、一週間ほど前から鮮やかにノウゼンカズラが咲いています。



2019.07.27 Saturday 10:00
東雲寺あれこれ comments(0)
参道石段など5ヵ所に手摺りを設置

 

 

お参りくださる方々の参道石段や歴住墓地の石段の上り下りを見ていてハッとすることがありました。住職自身も掃き掃除をしていて道石段を下りるときに危ないと思うことが幾度もあって、このたび参道石段4ヵ所、歴住墓地石段に手摺りを設置いたしました。ちょうどその設置工事の日に西成瀬のMさんからご寄進のお申し出があり、ご両親の菩提のためにご寄付くださることになりました。

 

 



2019.07.27 Saturday 09:53
東雲寺あれこれ comments(0)
子ども坐禅会開催 夏休み最初の土曜日

 

7月20日(土)7時〜8時、子ども坐禅会を開催。

成瀬、成瀬台地域の子どもたち、山村子ども会の子どもたち、極真空手道場の矢野川先生と子どもたち、合計、子どもたち82名と保護者49名が参加してくださいました。

町田警察の少年係・吉原係長さん他2名の警察官(お一人は成瀬台の駐在さん)、成瀬中央小学校の坂西校長先生も子どもたちと一緒に参加してくださいました。

日程説明、『般若心経』読経、町田警察から夏休み中の注意事項のお話し、住職の話、坐禅作法確認、坐禅修行、最後の挨拶、プレゼント手渡し。



2019.07.20 Saturday 14:02
東雲寺あれこれ comments(0)
さん喬師匠の手ぬぐいで暖簾

 

柳家さん喬師匠から頂いた手ぬぐいが三本になりましたので、楽屋暖簾にしたいと思っていました。

これを娘のK子に言うと、暖簾作りを手伝ってくれました。

11月4日の東雲寺寄席の楽屋入り口にこの暖簾を掛けて、さん喬師匠と露の新治師匠をお迎えしたいと思っています。



2019.07.19 Friday 20:45
東雲寺あれこれ comments(0)
成瀬名物東雲寺寄席(第11回)

 

9月1日から受付開始します。

 

成瀬名物東雲寺寄席(第11回)

        さん喬・新治二人会

 

日  時  2019年11月4日(月、振替休日)

             13時開場、13時30分開演

 

出  演  柳家さん喬、露の新治

   ゲスト 林家あずみ(三味線漫談)

 

木戸銭  1,000円

 

 



2019.07.03 Wednesday 13:22
東雲寺あれこれ comments(0)
東雲寺の梵鐘に刻まれた江戸期の村人の名前を確認しました

 

 毎日夕刻、梵鐘を九声打ち鳴らして、子どもたちに帰宅を促しています。

 この時期、夕陽に照らされた梵鐘を見てみると、成瀬の旧小字「東光寺」の方たちのお名前が読み取れました。夕陽の斜めの光線が陰刻の文字を浮き上がらせてくれていたからでした。

 

 

 成瀬の旧小字「会下山」の人たちの名前が読み取れました。

 144名刻まれているという名前を実際に読んでみようと何度も試みましたが、これまでは全てを読むことができませんでした。

今回、初めて全ての氏名を読み、写真撮影することができ、いくつかの書籍で翻刻されて来た資料と校合、正確な江戸期、延享2年(1745)の成瀬村の住民の氏名を確認することができました。

 

 



2019.06.30 Sunday 22:02
東雲寺あれこれ comments(0)
東雲寺の花々

 

 

 

 

 

 

 

 



2019.06.03 Monday 21:59
東雲寺あれこれ comments(0)
『ダンマパダ』を読んでます

 

 紀元前4〜3世紀に成立したとされる初期仏教経典『法句経』ーー原名「ダンマパダ」(ダンマは真理、パダは言葉)で「真理のことば」とも訳されるーーを少しずつ読んで仏教の教えを学んでいます。

 今月は第4日曜日午後に所用があって、第3日曜日の5月19日14時30分から東雲寺仏教講座を開催しました。

 どなたでも参加いただけます。資料や会場作りのため、できれば予めの出席申込みをいただきたいと思います。

 今回は『ダンマパダ』の第23章「象」と第24章「愛執」の一部を読みました。

 後世、仏教教学が整理され、体系化される前、「耐え忍ぶこと」「心を落ち着かせること」「明かな知慧を身につけること」「愛欲の根を断つこと」などを初期仏教当時の人びとの身近な「象」や「猿」だったり「つる草」だったりを例えにして教えが説かれています。六波羅蜜の布施・持戒・忍辱・精進・禅定・智慧に相当する教えだろうと思いました。

 来月は6月23日(日)13時30分〜15時の開催予定です。

 参加費は無料ですが、賛同いただける方にはお一人資料代200円をいただき、東日本大震災の被災地復興などのための募金にしていただいております。

 これまでに東雲寺に寄託されて東日本大震災の被災地にお届けした募金総額は 4,785,935円。

 また、以下の各地へもお届けしてまいりました。
 熊本地震  140,000円(2016年7月25日)
 九州北部豪雨   51,039円(2017年9月1日)

 平成30年7月豪雨・台風21号災害 209,641円(2019年1月4日)
 北海道胆振東部地震災害 110,000円(2019年1月4日)

 

 



2019.05.21 Tuesday 08:51
東雲寺あれこれ comments(0)
『法句経』を読む その次は?

 

  現在、東雲寺仏教講座では初期仏教経典のひとつ『法句経  ダンマパダ』を読んでいる。「ダンマ」は真理、「パダ」は言葉のことだ。仏教の開祖お釈迦さまの教えが423篇の詩句集の形で伝えられているものである。4月29日(月・祝日)には「『法句経』を読む」第14回講座を開催、294詩句〜319詩句でくらいまでを拝読した。一講座、90分で20余篇の詩句を読むことができるので、あと四、五回ほどで『法句経』全篇を読み終えそうである。毎年夏季の7月〜9月の3ヵ月は明治大学名誉教授圭室文雄先生に江戸時代の宗教信仰などをテーマにした連続講座をお願いしている。ということで『法句経』は来る5月、6月と10月〜12月の講座で五回となり、今年末には読み終えられそうなので、次はどんな仏典祖録を教材にして仏教を学ぶかについて考えた。

 2008(平成20)年8月から東雲寺仏教講座では、『般若心経』や『観音経』という比較的身近な経典を学び、さらに『正法眼蔵随聞記』や『典座教訓』『赴粥飯法』によって道元禅師の教えを学んで来た。2017(平成29)年12月からは『法句経』によって初期仏教の教えを学んでいる。となれば、次は『法句経  ダンマパダ』と並び称される初期仏教経典最古の『スッタニパータ』が良いだろうと思った。「スッタ」は経、「ニパータ」は集まりで、『経集』と訳される。
 書棚にある『スッタニパータ』関連の書籍をざっと見てみると、中村元訳『ブッダのことば』(岩波文庫、1984年)、荒牧典俊他訳『ブッダの詩機戞聞崔娘 原始仏典第七巻、1986年)、並川孝儀著『スッタニパータ  仏教最古の世界』(岩波書店、2008年)、今枝由郎訳『日常語訳 新編スッタニパータ  ブッダの〈智恵の言葉〉』(トランスビュー、2014年)、前谷彰訳『ブッダの教え  真訳・スッタニパータ』(講談社、2016年)があった。これらには『スッタニパータ』の研究書や抄訳も入っているので、さらに各書の参考文献などを手がかりに全篇訳の書籍を探すと、宮坂宥勝訳『ブッダの教え スッタニパータ』(法蔵館、2002年)他があることが分かり、インターネット「日本の古本屋」で検索、発注して入手した。
 仕事の合間にこの宮坂宥勝訳『ブッダの教え スッタニパータ』の「序文  最初期の仏教について」を読んだ。初期仏教について考える上で、いくつか興味深い記述があったので紹介したい。

 

   伝統的なバラモン教からみれば、確かに仏教は異端の宗教である。異端とされる最大の理由はナースティカ(無神論)、すなわちバラモン教のヴェーダ聖典の権威を否定し、創造主としての神の存在と階級社会を認めないということである。それは唯物論とジャイナ教と仏教とをもって代表と目される。
   これまでの仏教研究で見落とされたり、あるいは問題意識の埒外にあったのは、仏教とバラモン教との関わりについてはともあれ、啓示宗教としてのバラモン教に対する自覚宗教としての仏教やジャイナ教が本来、種族宗教に起源するということである。
   仏教の釈迦は釈迦族出身であり、ジャイナ教のヴァルダマーナはナータ族出身である。(後略)

 

  古代インドにアーリア人が数次にわたり西北から進出し、アーリア人の指導者であるバラモンたちが自らの宗教や生活様式などでインド全体を席捲して行った。それが現在のインドのヒンドゥー教の核となっているとされる。
 司祭者バラモンが、武士階級のクシャトリア、庶民ヴァイシャを設定し、その下に隷属民のシュードラを置いた。いわゆる四姓制度である。カーストとかヴァルナとか言われている身分差別の階級社会だ。そしてこのシュードラは非アーリア人であり、インドの先住民、さまざまな種族の人びとだったというのである。その種族のひとつがシャカ族であり、お釈迦さま在世当時、シャカ族の小国を取りまくマカダ国やコーサラ国などの大国はみなアーリア人が建設した国だった。こうした中でお釈迦さまは階級社会、四姓制度を否定する教えを説いていたというのだ。(つづく)



2019.04.29 Monday 20:24
東雲寺あれこれ comments(0)
1/35PAGES >>