Calendar
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>
NewEntry
Profile
Category
Archives
Comment
Search
Link

Favorite
素材満載 ブログで作る かんたんホームページ [CD-ROM付き]
Mobile
qrcode
Sponsored Links
桜の倒木を撤去

 

  ようやく重機の手配ができ、台風24号の強風で倒れた参道の桜の後片付けをしています。

 現在、吊り上げている根っこ部分だけで1.3トンの重量があるとのこと。

 参道の石畳の補修、石垣の補修にはまだ1週間ほどかかります。

 参道利用の方にはご注意くださるようお願いいたします。



2018.10.12 Friday 13:48
東雲寺あれこれ comments(0)
圭室文雄先生「光明寺の歴史」 東雲寺文化講座

 

今年夏の三回連続講座「また訪れてみたい鎌倉のお寺」シリーズ最終回は、光明寺でした。

中世には浄土宗の「関東本山光明寺」と称され、学問所として多くの僧侶を輩出したとのことです。

 

 

光明寺へ200石の寺領を寄進した外護者・内藤忠興家のお話しの中で、3メートルを超す堂々たる江戸期の宝篋印塔(ほうきょういんとう)39基の墓石のお話しがあり、奥方(小山田氏)のことに触れて江戸時代はもちろん明治10年くらいまで夫婦別姓だったとの興味深いお話しがあり、認識を新たにしました。

 



2018.09.17 Monday 13:33
東雲寺あれこれ comments(0)
曼珠沙華が開花
2018091421380000.jpg


2018.09.14 Friday 21:39
東雲寺あれこれ comments(0)
柳家さん喬・露の新治二人会  第10回成瀬名物東雲寺寄席のお知らせ

11月4日(日)13時開場、13時半開演

お申し込みはメールまたはFAXでお願いします。

メール butudou-sogen@vesta.ocn.ne.jp

FAX 042−721−2964



2018.09.05 Wednesday 11:28
東雲寺あれこれ comments(0)
圭室文雄先生の東雲寺文化講座「円覚寺の歴史」

 

 2018年夏期連続講座の第二回は鎌倉の「円覚寺の歴史」でした。

 近世の臨済宗有力寺院の末寺数、臨済宗五山派の寺格、近世の円覚寺末寺の地域分布、円覚寺の概略、現在の境内図、歴史、寺領發箚化願書、祀堂金運用届などの史料を使ってご講演くださいました。

 「不要不急の外出は控えるように」とされる猛暑の中、35名の方がご参加くださり、熱心に聴講くださいました。

 

 ご講演の後、控室に戻られた先生から、日本臨済宗の開祖・明菴栄西さまが開いたお寺として有名な京都五山第三位建仁寺、鎌倉五山第三位寿福寺に関連したお話しの中で、久留米の千光寺(現在・曹洞宗)、福岡市の聖福寺などの方が歴史的に古いなどという興味深いお話しをお聞きしました。

 

 



2018.08.27 Monday 10:52
東雲寺あれこれ comments(0)
子ども坐禅会 夏休み最後の土曜日

 

朝から暑い陽射しの中、子ども坐禅会に保護者の方、子どもたちが大勢訪ねて来て下さいました。

探査衛星ハヤブサ2号が小惑星リュウグウに到着しています。ハヤブサがこれから行う調査によって小惑星から岩石のサンプルを採取してきます。それを分析すると、「太陽系空間にあった有機物や水がどのようなものであったのか、またどのように相互作用し共存してきたかを探ることで、生命の起源にも迫ることができると期待されてい」るということから、いのちについてお話しました。坐禅中には、これから始まる二学期を元気に過ごせるように、参加者全員にパチンと策励(さくれい)をしました。



2018.08.25 Saturday 12:31
東雲寺あれこれ comments(1)
原爆忌・敗戦の日に 反戦・平和を誓う

 東雲寺坐禅会で参加者の皆さんにお配りしている「坐禅会たより」が800号になった。坐禅会にご参加の皆さま、「たより」をお読みくださっている皆さま方のお励ましのお陰であり、心から感謝申し上げている。
 800号に因んで、皆さまのご意見ご感想などをお寄せいただければありがたい。よろしくお願い申し上げます。
 「坐禅会たより」第1号は1989(平成元)年6月であり、今年の夏でちょうど30年になる。一面では道元禅師のお教えを学び、二面ではそのときどきに拙が関心をもったことがらを書き綴って来た。今夏は、亡き母(眈召海函■横娃隠検卻神30〉年6月18日逝去、享年97歳)が晩年に私宛てに書き送ってくれていた「思い出話」の手紙を紹介している。

 8月6日は「広島原爆忌」、9日は「長崎原爆忌」、15日は「敗戦」の日だ。「終戦」は日本政府がポツダム宣言の履行等を定めた休戦協定(降伏文書)に調印した1945(昭和20)年9月2日だろうか。
毎朝のお勤めの中で世界平和の実現や人々の安寧や幸福を祈っているが、8月に入り、原爆忌や敗戦記念日が近くなると、改めて「どのような理由の戦争もしてはいけない、させてはいけない」と強く思い、誓いを新たにしている。 

 
 今回、紹介する「思い出話」は、戦後、夫の大隣寺27世住職眈樵墜佳舅他阿ら聞いた、戦地から引き揚げるときの話である。

  

 「日本は負けた」戦地から退却の軍隊の輸送の係は、祖堂和尚が指揮を取り、トラックに負傷して居る兵士、衰弱して居る兵士を詰め込んで送り出し、最後のトラックが出発する許りの時、行軍にはとても耐えられない弱り切った兵士を見つけ、よく見たらS寺さんでびっくり。「S寺か」と声をかけ、「ハイ」と言うので、「オレは大隣寺だ。これが最後のトラックだ。何としても乗せるから」と、ギュウギュウ押し込んで送り出したとのことです。それでS寺さんは祖堂和尚より八ヶ月も早く還ったとのことです。
残った者はあの大陸を中支から港(?)まで行軍で日中は中国の人らに石をぶつけられ、オシッコを引っかけられて歩けなくて、夜ばかりの行軍で、目印に前の人のリュックに下帯を下げ、ぼんやり白い下帯を見失わないように、もう夢中で母国に帰りたい一心でもくもくと歩いたとのことです。一ヶ月も歩くとそこに駐屯し、その辺りを耕し何かを作れと上部からの命令で、我慢我慢と皆を励まし助け合って帰国、復員したそうです。
 その暗中行軍の折、祖堂和尚付の上等兵が衰弱して了って皆で荷物をかついでやり肩を貸して歩いてゐるうちにバタリと倒れ息が絶えて了ったとのことでした。朝の勤行の折、祖堂和尚は何時もその兵士の名を称え泣いて居りました。

 

  中国大陸などからの引き揚げは兵隊も民間人も大変な苦労をしたという話を聞いている。
 母は、1922(大正11)年6月14日、福島県伊達郡上保原村の泉福寺住職・熊野龍範さまとその妻サダさまの四男四女、上から五番目の三女として生まれた。地元の小学校を経て福島県立福島高等女学校へ進み、1939(昭和14)年3月に卒業している。この「福女」卒を母は誇りにしていたし、その級友との交流は晩年まで続いていたようだ。娘時代の母は、群馬県高崎市、旧多野郡吉井町の延命密院住職のもとに嫁いだ長姉のもとで行儀見習いをしたり、江戸川区東葛西、旧長島村の自性院に住職した兄のもとへ甥誕生の折に家事手伝いに行ったりした。
 このころ戦争が徐々に深刻な状態になる。1943(昭和18)年5月ころ召集され南方に送られた自性院の「明海兄さん」は、三歳と一歳の子どもたちを残して戦死、母のすぐ上の次姉「トミちゃん」の夫も戦死している。
 母は戦争中は福島県庁に勤めていた。男たちが兵隊に取られて地元に居ないため、母のような女たちが男たち不在の県庁の仕事を補完していたのだろう。



2018.08.13 Monday 21:40
東雲寺あれこれ comments(0)
圭室文雄先生の夏期連続講座開催

 今年も東雲寺文化講座に明治大学名誉教授・圭室文雄(たまむろ ふみお)先生をお招きし、7月22日(日)、8月26日(日)、9月16日(日)のいずれも15時〜16時30分に開催。今年は訪れてみたい鎌倉寺院の歴史がテーマです。

聴講希望の方は、会場、資料準備のため予めお申し込みください。

メール butudou-sogen@vesta.ocn.ne.jp

FAX 042−721−2964

〒194ー0044 町田市成瀬4−14−1 東雲寺

 

受講者の方には「西日本豪雨被災地支援募金」として資料費200円のご協力をいただいています。



2018.07.23 Monday 10:12
東雲寺あれこれ comments(0)
夏の子ども坐禅会開催

 

 7月21日、夏休み最初の土曜日の本日、夏の子ども坐禅会を開催しました。幼児から中学生まで67人、保護者の方たち引率者が50人、一緒に坐禅をしてくださいました。

 

 東雲寺夏の坐禅会は、毎週日曜日の朝7時〜8時に開催、夏の子ども坐禅会は夏休み最後の土曜日、8月25日朝7時〜8時に開催します。



2018.07.21 Saturday 21:13
東雲寺あれこれ comments(0)
境内のノウゼンカズラ
2018070312030000.jpg


2018.07.03 Tuesday 12:04
東雲寺あれこれ comments(0)
1/32PAGES >>