Calendar
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< January 2018 >>
NewEntry
Profile
Category
Archives
Comment
Search
Link

Favorite
素材満載 ブログで作る かんたんホームページ [CD-ROM付き]
Mobile
qrcode
Sponsored Links
そもそもなぜ葬儀をするのか

   2017年10月23日(月)14時から港区西麻布の大本山永平寺東京別院長谷寺で、国立歴史民俗博物館民俗研究系准教授の山田慎也氏を招いての研修会があった。概要を報告する。(文責、柚木)
 山田氏は大学院時代から和歌山県などで葬儀の手伝いをしながら聞き取り調査をして来た。90年代前半までは山田氏も近所の方たちに交じって葬家に入り、納棺や葬儀の準備、手伝いをすることができたが、90年代後半には葬儀のすべてを葬儀社に任せる形に変化した。
 私たちは自分で体験できない「不可知の死」を他者の死を通して受け容れるのだが、葬儀とは生者と死者を区分し新たな関係を構築することである。土葬や火葬によってご遺体の形を変え、恐怖や悲嘆を宗教儀礼によって癒やしていく。先祖になり、ホトケになるということで死の意味づけをし、最初に焼香するのが喪主ということなどで、社会的な役割を再分配する。それが遺産相続などにもつながっていく。
 かつての葬儀は生活空間である家から寺へ、寺から墓地へ遺体を運ぶ野辺送りが中心だった。その過程、過程で読経が行われた。今日でも行われている式次第の臨終諷経(りんじゅうふぎん〈枕経 まくらぎょう〉)、剃髪(ていはつ)、授戒(じゅかい)、入龕諷経(にゅうがんふぎん)、大夜念誦(たいやねんじゅ)、挙龕念誦(こがんえんじゅ)、引導法語(いんどうほうご)、山頭念誦(さんとうねんじゅ)、安位諷経(あんいふぎん)が実際に行われた。
 江戸時代から重視されていた葬列が明治期に華美、高額となって批判がおこった。中江兆民は「葬儀無用」と遺言したが、近親者などが無宗教の告別式を行い、約1000人が参列した。
 葬列に加わることが参列だったのだが、告別式の普及によって、参列者は現地集合し焼香して解散という形に変わった。
 自宅からお寺、そして墓地へという移動をやめて自宅告別式が行われるようになった。最初は棺を運ぶ輿を安置し、その前で葬儀が行われていた。大正、昭和初期からは祭壇が設けられるようになり、遺影が飾られるようになった。このころから葬儀は死者をあの世に送るということよりも、国葬や市町村葬、社葬などで現世での功績を称える、生前の総決算の場になった。
 戦後の葬儀は引導作法の行われる葬儀と告別式が一体化し、家的葬儀よりも社会的葬儀となり、会葬者も増加、お通夜が告別式化していった。そして地域共同体に代わって葬儀社が葬儀を行うようになる。
 現在、葬儀の簡略化が進み、七日七日の法要や百ヵ日忌が行われなくなり、儀礼の意味も分からなくなっている。僧侶も葬儀に部分的にしか関与せず、一方で戒名のインフレ化がおこり、経済取り引きのようなことが批判されている。
 バブル崩壊後、少子高齢化が進み、終末期医療の長期化によって経済的に困窮するとか後継者がいないなどの問題が顕在化し、会葬を辞退する「家族葬」、通夜なしの「一日葬」、儀礼を必要としない「直葬」が出現。関西では火葬場から遺骨を持ち帰らない「〇葬(ぜろそう)」もある。さらに「散骨」「樹木葬」などが行われ、既存の墓も「墓じまい」して「永代供養墓」への合祀がなされている。こうした状況は都市から地方へ広がっていく。
 そもそもなぜ葬儀をするのかを皆で考えなければいけない。「死」を認識できるのは人間だけだ。大津波ですべてを流された高齢者施設の前にジュースが供えられ、事故現場にたくさんの花が供えられている。仏壇に食べ物を供える。死者がジュースを飲むのか、食べ物を食べるのか、と聞かれたら、誰も飲む、食べるとは言わない。けれども、その供えてしまうメンタリティ。これこそが死者を思う一つの原点であり、死者儀礼の基本だろう。そうしたことをどうやって改めて現代の葬儀の中で認識し、認識させていくのか。つまり「死」の意味づけということが必要である。そのときに僧侶への信頼というものも問われてくる。一般の人々と僧侶とが疎遠になっており、対話を通して相互に理解し合うことが必要だ。
 家的葬儀が限界を迎え、「家族」自体も限界に来ている。死者を追悼し、死者と生者とのつながりを改めて作り上げていく死者儀礼が必要。そこに宗教者が果たすべき大きな役割がある。



2017.12.10 Sunday 14:21
曹洞宗あれこれ comments(1)
曹洞宗関東地区有道会東京大会

2017年11月6日(月)13時から浅草ビューホテルにて、第41回関東地区有道会東京大会が開催されました。

10年後の寺院はどうなるのか?

寺院の将来像をさまざまな調査結果、統計などから予測し、識者5人から有益で刺激的な提言を頂戴しました。

実行委員会のひとりとして大会の裏方をさせていただきました。

 

 



2017.11.07 Tuesday 21:41
曹洞宗あれこれ comments(0)
總持寺にお参りしています
2016101415000000.jpg
御征忌、瑩山禅師のお命日の法要


2016.10.14 Friday 15:00
曹洞宗あれこれ comments(0)
特派布教の清興で雅楽の演奏
2016060316370000.jpg
曹洞詔音会の僧侶が五曲を生演奏。


2016.06.03 Friday 16:39
曹洞宗あれこれ comments(0)
特派布教に参加しました
2016060316080000.jpg
東京都宗務所主催特派布教に参加しました。
中野老師の法話を拝聴しました。


2016.06.03 Friday 16:11
曹洞宗あれこれ comments(0)
救命講習会を受講しました
2015120316450000.jpg
12月3日午後、町田市原町田の宗保院さまで、救命講習会が開催され、心肺蘇生、AEDの使用法、気道異物除去法などの学科と実技の講習を受講、最後に効果測定のテストを受けました。写真は心肺蘇生の胸部圧迫前に行う呼吸の確認。


2015.12.03 Thursday 16:58
曹洞宗あれこれ comments(0)
本日の境内の紅葉
2015120120480000.jpg
今年は紅葉の前にほとんど葉が散ってしまいましたが、境内の幾本かの楓が紅葉し始めました。


2015.12.01 Tuesday 20:54
曹洞宗あれこれ comments(0)
松田文雄老師の遺偈
2015112513010000.jpg
松田文雄先生の遺偈

愚のごとく魯のごとく 
八十八年
縁に随い 歩みを運ぶ
万象 これ禅 


2015.11.25 Wednesday 13:02
曹洞宗あれこれ comments(0)
松田文雄老師の通夜に参列しました

 神奈川県小田原市板橋の香林寺ご住職・松田文雄先生のお通夜に参列いたしました。
 先生は駒澤大学教授、文学部長、総長などを歴任され、さらに大本山總持寺西堂、同顧問をお務めでした。
 かつて曹洞宗「同和」審議会第2専門部会(「曹洞宗全書」の差別事象の点検、評価、総括など)や曹洞宗現代教学センターなどでたいへんお世話になりました。いつも淡々とされ、桜井秀雄先生、鏡島元隆先生(いずれも故人)らと誠実かつ適切にお取り組みいただきました。
 お通夜に参列し、お別れをしてまいりました。


2015.11.24 Tuesday 22:31
曹洞宗あれこれ comments(0)
府中刑務所に行って来ました
2015112408410000.jpg
 2015(平成27)年11月19日午後、府中刑務所において東京都内曹洞宗僧侶有志31名参加の研修会が開催されました。特に若い僧侶が多数参加しました。
 今回の研修テーマ「教誨師の活動について」は、数年前から話題になっており、2014年6月の曹洞宗通常宗議会でも東京都選出の来馬議員からの教誨師などの社会教化活動への認知度が低く宗門内外に周知させてはどうかとの通告質問などがあって、この度、府中刑務所で教誨師をしている高木師、久保井師らの尽力によって刑務所内での研修が実現しました。
 研修会では、まず府中刑務所総務部の担当官より、施設の歴史や概要の説明がありました。
 府中刑務所のルーツは寛政2年に設置された石川島人足寄場で、その後、巣鴨監獄署、同刑務所などを経て、大正13年に現在地へ移転、1935(昭和10)年に府中刑務所と改称され、受刑者に対する矯正指導が行われているとのこと。
 府中刑務所の受刑者の収容定員は男子2668人で日本最大の施設、現在2061人収容。内、日本人が約8割、外国人が約2割。日本人の受刑者は窃盗、覚醒剤、詐欺などの比較的軽い犯罪で刑期3年未満ながら再犯率が高く平均5回、最高26回収容。外国人受刑者では覚醒剤、強盗、殺人などの重い犯罪で刑期は10年以上とのことでした。
 刑務所は犯罪者を社会から隔離して社会の安寧秩序を守り、受刑者には犯罪の責任を自覚させ、立ち直りの意欲を喚起し、社会復帰に向けて社会生活に適応する力を付けさせるため「作業」のほかに「改善指導」や「教科指導」という教育的な処遇を行っているということです。受刑者の改善更生のための働きかけの一環として宗教教誨活動があり、府中刑務所には13〜15宗教宗派、43名の教誨師がおり、内、曹洞宗の教誨師は4名。今回の研修会には前出のお二人のほか渡部師、鬼頭師の4名全員が同席くださいました。
 刑務所内の施設見学では、単独室、6人定員の共同室を視察、さらに仏教、キリスト教、神道それぞれの宗教教誨室を見学、仏教教誨室には阿弥陀仏の本尊、各宗派の経典、20数個の坐蒲などがありました。次いで食堂入口で当日の朝昼晩の献立見本を見つつ宗教上の理由などによる食材対応などの説明を受けました。運動場で受刑者が二手に分かれ綱引きの練習などをしている様子を見ながら工場地区へ移動。西から東へ向けて工場一棟の幅20m余、長さ50mほどの建物を次々と縦断しながら視察。各棟で受刑者2、30名ほどが洗濯、木工、洋裁、金属、革工などの作業をしている様子を観させていただきました。このほかに印刷工場や自動車修理工場などもあるそうです。
 研修会の最後には教誨師との連絡調整をしている教育部の担当管から「改善指導」についての詳細な説明を受け、質疑応答、教誨師四師の体験談など、貴重な話を聞くことができました。教誨師の方たちは、それぞれ個人教誨、集合教誨、坐禅指導、宗教行事、受刑者死亡時の葬儀などを行っているということでした。
 最後に受刑者による刑務作業品販売所を見学して研修を終えました。


2015.11.19 Thursday 20:41
曹洞宗あれこれ comments(0)
1/4PAGES >>