Calendar
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>
NewEntry
Profile
Category
Archives
Comment
Search
Link

Favorite
素材満載 ブログで作る かんたんホームページ [CD-ROM付き]
Mobile
qrcode
Sponsored Links
高齢化多死社会 弔われない死者

 今年11月に都内のホテルで関東地方の曹洞宗寺院住職など有志の集会の予定があり、その中で将来の寺院住職のあるべき姿について考えるシンポジウムが計画されている。その準備のため、意見発表を願う専門家数人から予め話を聴く学習会が随時行われて来た。3月初めの第四回学習会では永平寺東京別院長谷会館会議室において『月刊住職』編集発行人・矢澤澄道師のお話を伺った。現代社会の問題について考えさせられることが多かったので、その概要(文責・柚木)を以下に紹介したい。

 

 今日の日本の状況を見る上で重要な視点のひとつが「多死社会」ということだ。

 2017年の推定年間死者数は130万人。過去を探ってみると明治40年ころから、ずうっと年間死者数100万人が続いていた。昭和23年ころから減り始め、一時期60万人ぐらいまでになり、60〜70万人で推移して来た。平成元年に80万人、平成14年に90万人余。来る2040年の166.8万人がピークで、22世紀になっても100万人を越える死者が出ると推計されている。100人に1人が亡くなるとされる時代が間もなく来る。
 ただし、過去と現在では異なる点がある。現在は「多死社会」であり「高齢化」が進んでいるということだ。たとえば大正時代も「多死社会」だったが、「高齢化」社会ではなかった。平成28年版『高齢社会白書』の「高齢化の現状と将来像」という図表を見ると、昭和25年には、高齢者1人に対して12人の現役世代がいた。平成27年には高齢者1人に対し現役世代は2.3人で、将来的には1人しかいない状態になるという。
 これはどういうことかというと、死者が多くても葬儀を営む側の人が少ないということだ。つまり1人では葬儀費用などを負担できないという経済的な問題、家族や親族がいないという人的問題によって「葬られない・弔われない死者」が出て来る。これは個人の問題に止まらず、社会で対応すべき問題になるだろうから、当然、社会保障としての葬送という問題が起きて来る。そのときの一番の接点は寺院ではなく、自治体だ。自治体が「葬られない・弔われない死者」にどのような形で対応するかが大きな問題となる。毎年、引き取り手のない遺骨が全国で約4000体、東京都内で180体ほどある。
 横須賀市が「エンディングプラン・サポート事業」ということを始めている。日本社会では親族が葬送義務者なのだが、親族がいない場合、自治体の長が葬送を行わなければならない。その場合、「親族がいない」ということを確定しなければならず、それはとても時間がかかる。そこで予め一人暮らしで身寄りのない人、月収16万円以下、貯金100万円以下、不動産を所持していないという条件の人を対象に希望者を募り、登録制度を作った。常時、登録カードを所持、万が一の時には、市と契約を結んでいる葬儀社が葬儀を行い、市営霊園または協力寺院の無縁塔に納骨するというものだ。
 これから団塊世代が亡くなる。多くは生活困窮者ではない。富裕者でも孤独死する。父母や連れ合いなどの介護をし終わったとき、家族は誰も面倒を見てくれない、絶縁状態のような状況も想像される。そのとき、自分の死をどのように迎えられるか。〈私〉たちは孤独死を覚悟しなければならない。そういう時代になっている。
 社会保障としての葬儀を寺院が引き受けるとすると葬儀件数が格段に増えるが、都市部に寺院が少ないため、住職は過労の状態になる。『宗教年鑑』によると平成25年末時点で、神奈川県で4791人に一ヵ寺、東京都で4629人に一ヵ寺。その反対に福井県は470人に一ヵ寺、富山県が673人に一ヵ寺だ。寺院が多く、一ヵ寺あたりの人口が少ない県ほど「幸福度」が高く、逆比例している。社会の安定のため、人心の安穏のため、寺院が必要ということを社会に対して訴える必要もあるだろう。

 

  何もかも普段は考えないようなことばかりだ。が、〈私〉たちも考えなければならないことのようだ。 



2017.05.12 Friday 10:18
住職雑感 comments(0)
科学者二人からの興味深い話二題

 東雲寺仏教講座に参加されているお檀家さんの一人にN・Hさんという方がおられる。科学技術庁航空宇宙技術研究所などで40年間の研究生活をなさって来た方である。2月の第4日曜日の数日前、東雲寺仏教講座へ出席の連絡メールに興味深い話が添えられていた。長文なので、以下、概要(文責・柚木)を紹介する。

 

 かつて妻と幼い娘とともに米国のサボテンと岩がごろごろの砂漠地帯を車で走ることがあった。前後に走行する車はなく、対向車も何十分に一台あるかないかだった。突然、舗装道路が目の前で消え、岩だらけの凹みに突っ込んだ。豪雨で道がえぐられたらしかった。エンジンの底が岩に当たり、エンジンが変な音を出した。ただ低回転ながらもエンジンが回り続けていたのが救いだった。戻るには100キロ、先に進むには200キロの砂漠の真ん中だった。
 だましだまし車を進めて、なんとか無事にたどり着くことができたが、緑に囲まれた日本では当たり前と思っていたことがまったく通用しない、死と隣り合わせの恐怖の体験だった。ものすごいカルチャーショックで、世界観が変わった。よく言われる「日本の常識は世界の非常識」とも言えるかもしれない。
玄奘三蔵(げんじょうさんぞう)が天竺(てんじく。インドのこと)への求法の旅でたどった砂漠も、やはり死と隣り合わせの世界だったろう。唐の都の長安もけっして緑豊かな都市ではないが、玄奘がたどった西域のルートは長安では想像できない苛酷なものだったと思う。自分のような人間でも人生観が変わったのだから、玄奘もこの天竺への旅の経験でそれまでとは大きく異なるものを得たのではないだろうか。人間は環境によって考え方が左右され形成されるだろうから、仏教理解と言っても、インド、西域、中国大陸、日本とでは大きく異なるものになるのではないかと思う。

 

 というような趣旨のメールだった。
 N・Hさんは、ご自身の砂漠における恐怖の体験をもとに、玄奘三蔵の西域の苛酷な旅を想像しつつ、人間は自然の環境条件に強く影響を受けるものだから、人生観や世界観、仏教理解も変わるに違いないというお考えだった。
 人種、民族、国家、言語、文化などの境界を越えて広がっている仏教、イスラム教、キリスト教などの「世界宗教」であっても、確かにN・Hさんの指摘のようなことはあると思うし、玄奘の旅についての推論も、なるほどと思った。

 

 2月末日、お檀家さんの葬儀で荼毘(だび。火葬のこと)の間、控室で待っているときに、ご遺族の一人で茨城県つくば市にある物質構造科学研究所のA・Yさんという方から「私は物理をやっているんですが」と声をかけられた。一人でいる私に気遣いしてくれて、「私の研究者仲間にはビッグバンや粒子と反粒子のことを研究している人間がいましてね。一秒の何分かの一のビックバンで宇宙ができたとか、粒子と反粒子が出会うと消滅して光になるというようなことを研究してるんですよ」などと宇宙物理学についての話をしてくださった。そして「物理も突き詰めると宗教的な感じになりますね。物理学者には牧師さんが多いんですよ。お坊さんはどうなんですかね」などと、さまざまな話題を提供してくださった。
 さらに「住職さんはこの世からあの世に故人を送ってくださったわけですが」と前置きして、物質世界のことは研究し、証明することができるが、精神世界のことはそういうわけにはいかない。物質世界では年を取るが、精神世界では年を取らない。「私たちの気持ちはいつまでも若いでしょ。精神世界では46億年の過去へも行くことができる」などと興味深い話をしてくださった。

 

 今、思うとトンチンカンな受け応えだったが、私は仏教で説く宇宙間のすべてを構成する五つの要素「五蘊(ごうん)」=色(物質)・受・想・行・識の中で「色」以外は精神的要素であるとか、道元禅師には「経歴(きょうりゃく)」という考え方があって、坐禅修行する中でお釈迦さまや歴代の祖師方と出会い、同じく修行し、同じく〈さとり〉を目の当たりにするとの確信があったなどと応じた。
 科学者お二人からの問いかけを今後も考えて行きたい。



2017.03.06 Monday 18:59
住職雑感 comments(0)
涅槃会(ねはんえ)の話 「沙羅双樹(さらそうじゅ)」について

  言い伝えでは、お釈迦さまの入滅(にゅうめつ=涅槃〈ねはん〉に入ること)のとき、お釈迦さまの最後の説法が終わると、沙羅双樹(さらそうじゅ)八本のうち四本はたちまちに枯れ、他の四本は青々とし続けたとされ、これを「四枯四栄(しこしえい)」と言います。これはお釈迦さまが自在の神力によって、ご自身のお身体は入滅されても(四枯)、説き示された教えは後世にまで伝えられ栄え続ける(四栄)ことを表されたものとされます。


 また、入滅にあたり東西南北の四方に二本ずつあった沙羅の樹は、東西、南北の二双樹が合わさり、一樹となってお釈迦さまをおおい、白色に変わって枯れたとも言い、お釈迦さま入滅の地を白い鶴の色にたとえて「鶴林(かくりん)」と呼びます。

 

 お葬式のときに供える「四華(しか)」は、沙羅双樹の四本が枯れた状態「四枯」を表しているとも言われています。

 

 沙羅双樹の八本の意味は「仏遺教経(ぶつゆいきょうぎょう)。詳しくは『仏垂般涅槃略説教誡(ぶっしはつねはんりゃくせつきょうかいきょう)』」に説かれた「八大人覚(はちだいにんがく)」などの教えを表しているとも言われています。
 「八大人覚」とは、仏教の教えを学び修行する力量の優れた人が保つべき八種の基本的徳目で、戒を敬い守ることが前提になっていますが、それは少欲、知足、遠離、精進、不妄念、定、智慧、不戯論の八つの徳目のことを言います。


  少欲(しょうよく)・・・多欲の人は利益を求めることが多く、そのため苦悩もまた多い。少欲の人は、自分の意志を曲げてこびへつらうこともなく、苦しみ悩むこともないので、心が穏やかである。
  知足(ちそく)・・・足ることを知ることが肝要である。知足を知らずに欲望に振り回されていると、どんなに物質的に豊かな生活をしていても、いつも不平、不満がいっぱいで苦しむことになる。
  遠離(おんり)・・・騒がしい世間のしがらみに満ちたところから離れなければならない。独り静かなところで、苦悩を滅する道について心に深く思うことが大事である。
  精進(しょうじん)・・・休むことなく、正しい教えに遵って努力をし続けることが大事である。少しの水でも流れ落ち続けると硬い岩に穴をうがつように、精進は不可能と思われることを可能にする。
  不妄念(ふもうねん)・・・仏教の教えを常に心の中に念じて忘れず、心を動揺させないようにすべきである。そこには煩悩(貪欲〈とんよく〉・瞋恚〈しんい〉・愚痴〈ぐち〉)の入り込む隙もない。
   定(じょう)・・・心が定にあれば世間生滅の理を心に刻むことができる。定を得たならば心が千々に乱れることはない。禅定(坐禅)を修行し続けて智慧の水を漏失させてはならない。
   智慧(ちえ)・・・智慧があれば貪欲、執着を離れることができる。仏教の教えをよく聞き、よく考えて、よく実践するという智慧によって、ものごとを正しくとらえる心の眼を持つことができる。
  不戯論(ふけろん)・・・無意味で利益のない議論の、愛着心による愛論や道理にくらい偏見による見論をやめると、悟りの境地に入ることができ、真の安楽を得ることができる。



2017.02.21 Tuesday 18:33
住職雑感 comments(0)
福寿草が開花
2017021710040000.jpg
一昨日、つぼみだった福寿草が、今朝、見ると開花。昨日はとても温かだったから。


2017.02.17 Friday 10:08
住職雑感 comments(0)
横浜のホテルから
2017011611590000.jpg
本寺年賀拝登の後、ホテルの30階にあるレストランで新年懇親会


2017.01.16 Monday 12:01
住職雑感 comments(0)
本日、年始挨拶で成瀬地区を回りました
2017010422340000.jpg
成瀬地区のお檀家さん廻り。オートバイ0444_seikatu_motorcicle_20100917.gifで一筆書きのように旧成瀬村内のお檀家さんたちのお宅を次々と年始の挨拶回りで約28キロメートル、時間は7時20分出発で13時25分帰宅の約6時間。
12時30分ころお訪ねした成瀬四丁目のお檀家さん宅の庭に咲く梅。満開です。早咲きの品種なのでしょうか。
とてもきれいでしたので携帯電話で写真撮影しました。


2017.01.04 Wednesday 22:42
住職雑感 comments(0)
人の世に熱あれ 人間(じんかん)に光りあれ

 新しき年を迎えて希望し念願することは、今年は少しでも前向きな年になるように、である。
 昨年は後ろ向き、内向きなことが多かった。
 近年、各地で公然と続けられて来た在日コリアンに対する「殺せ、死ね」などと叫びながら行うデモ。昨年6月に「ヘイトスピーチ解消法」が施行されたが、インターネットの世界などでは憎悪表現が後を絶たない。名前が表に出ないという匿名性を使って「本音が語られる」というのだが、それらが他の人を貶(おとし)めたり、中傷したり、攻撃したり、イジメたりしている。そんな「本音」って、いったい何だというのだろう。
 7月には障がい者福祉施設の元職員が「障害者がいなくなればいいと思った」として、福祉施設の利用者を殺傷した事件があった。抵抗できない障がい者に対する計画的な犯罪で、その残忍さ冷徹さに衝撃を受けた。
 世界に眼を移せば、難民や移民の受け入れ阻止のためにEU離脱を決めたイギリス、ヨーロッパ各地で心配される極右政党の台頭、アメリカ大統領選でのトランプ氏の内向きな発言や差別発言。さらにテロ、紛争、戦争などが続いている。それらの背景には「格差」があるとされる。
 道元禅師のご著書『典座教訓』の中に「人を差別の目で見ない」(講談社学術文庫『典座教訓・赴粥飯法』104頁)という教えがある。昨年暮れの東雲寺仏教講座で拝読した教えの中のひとつだ。以下に引用紹介する。


  又、衆僧の得失を見るべからず、衆僧の老少を顧るべからず。自すら猶お自の落処を知らず、他も争でか他の落処を識るを得んや。自の非を以て他の非と為すこと、豈に誤らざらんや。耆年と晩進と、其の形は雖れ異なるも、有智と愚朦と、僧宗は是れ同じ。随いて亦、昨の非と今の是と、聖と凡と、誰か知らん。『禅苑清規』に云う、「僧は凡聖無ければ、十方に通会す」と。若し、「一切の是非、管する莫し」の志気有らば、那んぞ「直ちに無上菩提に趣く」の道業に非ざらん。如し向来の一歩を錯らば、便乃対面に蹉過せん。古人の骨髄は、全く恁のごとき功夫を作すの処に在るなり。

 

 意訳を試みる。


 修行者たちの長所短所を探したり、年齢の老若などを問題にしてはいけない。自分でさえ自分の落ち着きどころを知らないのに、どうして他の人の落ち着きどころを知ることができようか。自分が否定するからといって、他の人も否定するだろうと思うならば、必ずや誤ってしまうだろう。
 年たけた先輩僧と若い後輩僧、智恵ある人と道理に暗く愚かな人、形の上では異なるが、仏教の三つの宝である仏法僧の中の僧宝という尊さにおいてはまったく同じである。
また、昨日まで間違いだったことが、今日は正しいとされることや、悟りをひらいた聖人か迷いのなかにある凡人かなど、誰が分かるだろうか。
 『禅苑清規』という禅宗最古の規範に「僧は凡人とか聖人とかに関係なく、すべてのものごとを充分に理解し会得する」とあり、もし、「あらゆるものごとの善し悪し、長所短所、老少、凡人聖人などの区別をしない」という求道の志があれば、どうして「時を移さずに〈さとり〉の世界に入る」という仏道修行にならないことがあろうか。もし、これまで述べてきたことを一歩でも踏み誤ることがあれば、すぐに真実と食い違ってしまうだろう。祖師方の生き方の真髄は、まったくこのような精進努力を行うところにある。 


 という教えである。

 

 自分のこともよく分からないのに、他人さまの欠点をあれこれあげつらうようなことを言ってはいけないし、理由にならないような理由での区別、すなわち差別してはならないというのだ。
 前向きな世界にするために、たとえば95年前に発せられた『水平社宣言』の「人の世に熱あれ、人間(じんかん)に光りあれ」というような願いを現代に生きる地球市民の手に取り戻すのだ。こうしたことにこそ人類の英知を集めて工夫すべきなのだ。

 



2017.01.02 Monday 17:06
住職雑感 comments(0)
初雪?
2016112407260000.jpg
53年ぶりの初雪とか。


2016.11.24 Thursday 07:26
住職雑感 comments(0)
境内の紅葉
2016111513440000.jpg
この二、三日になって、今年の紅葉がようやく東雲寺の境内にも訪れました。


2016.11.15 Tuesday 13:47
住職雑感 comments(0)
祖門会、有道会共催研修会に参加
2016110416020000.jpg
ラグビーのヤマハ監督、清宮さんが講演。清宮さんは早実の清宮選手の父親でもある。低迷していたチームを優勝に導いた鍵言葉は?


2016.11.04 Friday 16:17
住職雑感 comments(0)
1/15PAGES >>