Calendar
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< April 2018 >>
NewEntry
Profile
Category
Archives
Comment
Search
Link

Favorite
素材満載 ブログで作る かんたんホームページ [CD-ROM付き]
Mobile
qrcode
Sponsored Links
周行七歩

 先週日曜日の4月8日は仏教の開祖お釈迦さまのお誕生日「花まつり」だった。
 毎年、東雲寺では花まつりの前日、4月7日に東雲寺梅花講(仏教賛歌である詠讃歌〈御詠歌や御和讃〉をお唱えする信仰組織)のご近所の講員さん数名の方にお願いして花御堂作りをしていただく。花屋さんから季節の花を求め、さらに各家の庭先に咲く花などを持ち寄っていただき、お堂の屋根(屋根張60センチ四方)や柱などに花々を糊付けして飾る。4月8日当日の早朝に右手で天を指し左手で地を指す独特の姿の誕生仏を花御堂内の浴盤(直径30センチの金属製のたらい)の中央にお祀りし、甘茶をたらいに五分ほど注ぎ入れ、お釈迦さまの頭上から甘茶を濯ぐ。朝の勤行で降誕会のお経を読み、午後一時半からは梅花講の皆さんによって詠讃歌を奉詠して、お釈迦さまのお誕生をお祝いする。いつもの年ならば桜が満開の時季と重なることが多く、大勢の方が花見が訪れ、花御堂にお参りされるのだが、今年は葉桜で参詣者もまばらだった。
 四半世紀ほど前のことだが、曹洞宗宗務庁(曹洞宗教団の本部事務所)に勤務していた折、4月8日に役職員全員が参列して釈尊降誕会法要が修行され、その後、石附周行伝道部長(当時。現在、大本山總持寺副貫首、大雄山最乗寺住職)が花まつりに因んで法話をしてくださった。その冒頭、ご自身の「周行」という名は、お釈迦さまがお生まれになってすぐに四方に七歩あまれて右手で天を指し左手で地を指して「天上天下唯我独尊」と仰られたとされる「周行七歩」に由来することを話された。当時すでに拙は周行老師を存じ上げて二十年ほどになっていた。心から尊敬し憧れの禅者・周行老師のお名前のことさえ理解していなかった拙の勉強不足を恥ずかしく思ったことである。
 1243(寛元元)年に道元禅師が京都から越前(福井県)へ移住し、翌年に大仏寺を建立、その二年後の1246(寛元4)年6月15日に寺号を永平寺と改称した際の説法に「(前略)世尊降誕して、一手は天を指し、一手は地を指し、周行七歩して云く、『天上天下唯我独尊』と。世尊道えることあり、これ恁麼なりといえども、永平道うことあり、大家(この場の皆さん)証明すべし。良久して云く、天上天下当処永平」(『永平広録』177)という教えもあった。
 なお、東雲寺の六角釈迦堂に奉祀されている白鳳時代の誕生仏は、左手を上に右手を下にしている。これには「古代の作例四例が知られるのみで、中近世の例はなく、教義的な根拠は見当たらない。/なお、南伝仏教(中国南部以南―インドシナ、タイ、マレーシア等)の遺品は左手を上げているものが多いが、その関連は定かではない」という田中義恭氏(東京国立博物館資料第一研究室長・当時)の解説がなされている。
 お釈迦さまの誕生に関するもっとも古い伝承と思われることが、原始仏典の中で最古のもののひとつとされる『スッタニパータ』 の中にある。中村元訳『ブッダのことば(スッタニパータ)』(岩波文庫)の679〜698詩句である。
 その概要は、アシタ仙人(シャカ族の宮廷僧)が坐禅をしているときに、帝釈天や30人の神々が踊りあがって喜ぶ様子が見えた。それはシャカ族のルンビニ村に、やがて〈さとり〉を開いて仏となるであろう菩薩が、多くの人びとの利益安楽のために人間界にお生まれになったからだという。そこでアシタ仙人は、その菩薩に会いに行き「黄金のようにきらめき幸福に光り輝く尊い顔の児」、「月のように清らかで、太陽のように輝く児を見て、歓喜を生じ」た。「仙人は、こころ喜び、嬉しくなって、その児を抱きかかえた。   その児は、頭の上に白い傘をかざされて白色がかった毛布の中にいて、黄金の飾りのようであった」。仙人は「シャカ族の牡牛(のような立派な児)を抱きとって、(特相を)検べたが、心に歓喜して声を挙げた。   『これは無上の方です。人間のうちで最上の人です。』」と言ったというのだ。
 この原始仏典の段階では「周行七歩」や「天上天下唯我独尊」などの伝説はまだできていなかった。



2018.04.15 Sunday 20:43
住職雑感 comments(0)
どこにあった道しるべなのか?

2018040413100000.jpg
 東雲寺の鐘楼堂の近くに、かつて旅人たちを案内したであろう「左 東海道」「右 中仙道」という石柱の道しるべがあります。

 先代住職にどこにあったものかを尋ねたことがありましたが、分からないとのことでした。

 成瀬を含む旧南村地区内の街道沿いのどこかにあったのだろうと思います。

 



2018.04.04 Wednesday 13:15
住職雑感 comments(0)
そもそもなぜ葬儀をするのか を 考えてみませんか

 今年最初の坐禅会の後でHさんからお手紙と自作の漢詩をいただいた。Hさんは折にふれてお手紙や漢詩を届けてくださる方である。氏はお仲間とともに漢詩や写真などの趣味の活動をなさっておられ、東雲寺坐禅会には1987(昭和62)年から参加くださっているベテランの参禅者だ。また、毎月第四日曜日午後開催の東雲寺仏教講座だが、6年ほど前に一時中断していた折、「『正法眼蔵随聞記』を読む」で再開するきっかけを与えてくださった方でもある。

 

  (前略)12月3日の「坐禅会たより」で「そもそもなぜ葬儀をするのか」(12月10日ブログ掲載)の一文を掲げられましたが、私も最近の親族の葬儀で「哭薄葬(こくはくそう)」という漢詩を作りました。
  「焼き場」でご遺体を焼却し、そのまま後日、市営墓地に納める。儀式も永別のご挨拶もしない。一体どういう事でしょうか? 「たより」の一文も現代の風潮をただ報じているだけではないのでしょうか? 具体的な対応策を提案できないのでしょうか? 葬儀の簡略化と精神的な家族の結びつきの崩壊とは関係がないのでしょうか? 人類は時代とともに「儀式」を考案して精神の作興(さつこう)と社会の維持を図ってきました。さらに宗教者がその役割を担ってきたのだと思います。
  やさしい社会をと言われるだけで、恐ろしい犯罪とも言えない理解に苦しむ事件が続発しております。
  家族制度の崩壊により、「本家」は存在しなくなり、我が家では分家の長男である私が本家の代わりを果たしておりますが、これにもおのずと限界があります。今まさに「眷属(けんぞく)の他人化」が始まっているのでしょう。
  「死者儀礼の放棄」から「良俗の崩壊」に突き進み社会は「混沌化(こんとん
か)」するのでしょうか。
  友人にこの話をしても「今は、何処でもそうだよ」と平然としております。自分も高齢となりこの先が分からなくなってきております。
  ぜひ問題提起のみではなくて、住職が現実と向き合って我々大衆をお導き頂けたら幸いです。

 
    哭薄葬
  十月の寒風 故人を哭し
  子孫眷属 愁ひを抱きて顰(ひそ)む
  忽忙(そうぼう)たり身世(しんせ) 黄梁(こうりょう)の夢
  寂寞(せきばく)たり  何ぞ堪へん 総て塵と為るとは

 
 漢詩後半の二句の意味を推し量るに、葬儀に参列して思うことは、私たちの一生はせわしく、人生は儚(はかな)い。最後はすべては塵のように取るに足らないものになってしまい、もの寂しい限りだなぁというような意味だろうか。

 

 漢詩をいただいたこともさることながら、「そもそもなぜ葬儀をするのか」に対して、Hさんがこうしたご意見をお寄せくださったことに対し心から御礼を申し上げたいと思う。願わくはブログ読者各位におかれても、このことに関するご意見ご感想などをぜひお寄せいただきたい。
 

 お手紙にあった宗教者は現実と向き合って大衆を導いてほしいということについての応答は暫く猶予をいただきたい。その代わりに現状認識を共有し、ご意見ご感想などをいただくため、私が近年の葬儀において見聞きし感じていることのいくつかを以下に記す。ご一読願いたい。


 高齢者の葬儀の場合、家族や近しい親族でも高齢のため参列できず、しない場合が多い。まして友人知人の参列などはほとんどない。さらに少子化、晩婚化、生涯独身者の増加などによって、故人を送る側の人数が少なくなったように思う。親と子や孫たちとが同居しておらず、家計が親子別々なためか、5、60歳代の子であっても喪主を務めず、高齢の配偶者などが喪主になるケースが多い。親子同居せず、あるいは近所に住んでいない子たち次世代へ、地域社会の付き合いや慣習、寺院との関わりなどが伝承されなくなっている。そしてこの次世代の人たちへの東雲寺からのアプローチ手段、接点が、現時点ではほとんど無いのだ。



2018.01.31 Wednesday 09:56
住職雑感 comments(0)
境内の紅葉

2017112510290000.jpg



2017.11.25 Saturday 10:29
住職雑感 comments(0)
境内の紅葉

2017112510270000.jpg



2017.11.25 Saturday 10:27
住職雑感 comments(0)
庭掃除です。
2017112510240000.jpg
落葉が朝日に照らされて、なんとも美しい。


2017.11.25 Saturday 10:26
住職雑感 comments(0)
春風を以て人に接し、秋霜を以て自らを粛む

  11月11、12日、晴天に恵まれた中で横浜市青葉区奈良の松岳院さまで晋山結制の大法要が修行された。このときには開山歴住忌も併せて行われ、拙(わたし)がその焼香師を務めさせていただいた。
  拙は、このところ毎年、松岳院さまの施食会(お盆のおせがき法要)で説教師を務めており、また松岳院ご住職には拙の晋山結制(2009年4月)、昨年4月の結制再会、本年6月の東堂本葬儀、9月の百ヵ日忌埋葬法要などでたいへんお世話になっている。分に過ぎた大役だったが、これもご縁だと思って請けさせていただき、心を込めて焼香・礼拝し、蜜湯・菓子・お茶を供え、法語を称えて読経、開山歴住忌の導師を務めた。
 松岳院さまの法要後、JR町田駅近くのホテルへ移動、祝宴が催された。その冒頭で西堂・白槌師を務められた天寧寺の高木昭彦老師が祝辞を述べられた。老師はお祝いの締めくくりに松岳院ご住職に対し「春風を以て人に接し、秋霜を以て自らを粛む」という先人の言葉を贈られた。他の人に対しては春風のように優しく爽やかに接し、自己に対しては秋の霜のように厳しく律して慎むということだ。
 老師のお話しを拝聴する中で、得度(仏門に入ること)して五十有余年の拙も、原点に立ち返って己を律し、改めて利他行に精進したいと思った。



2017.11.20 Monday 11:21
住職雑感 comments(0)
境内の紅葉も終わりに・・・・



2017.11.15 Wednesday 23:10
住職雑感 comments(0)
彼岸花が咲きました
2017091713590000.jpg
涼しくなったなと思ったら、境内のあちこちに曼珠沙華、彼岸花が咲きました。彼岸の入りの日も間近です。


2017.09.17 Sunday 14:02
住職雑感 comments(0)
高齢化多死社会 弔われない死者

 今年11月に都内のホテルで関東地方の曹洞宗寺院住職など有志の集会の予定があり、その中で将来の寺院住職のあるべき姿について考えるシンポジウムが計画されている。その準備のため、意見発表を願う専門家数人から予め話を聴く学習会が随時行われて来た。3月初めの第四回学習会では永平寺東京別院長谷会館会議室において『月刊住職』編集発行人・矢澤澄道師のお話を伺った。現代社会の問題について考えさせられることが多かったので、その概要(文責・柚木)を以下に紹介したい。

 

 今日の日本の状況を見る上で重要な視点のひとつが「多死社会」ということだ。

 2017年の推定年間死者数は130万人。過去を探ってみると明治40年ころから、ずうっと年間死者数100万人が続いていた。昭和23年ころから減り始め、一時期60万人ぐらいまでになり、60〜70万人で推移して来た。平成元年に80万人、平成14年に90万人余。来る2040年の166.8万人がピークで、22世紀になっても100万人を越える死者が出ると推計されている。100人に1人が亡くなるとされる時代が間もなく来る。
 ただし、過去と現在では異なる点がある。現在は「多死社会」であり「高齢化」が進んでいるということだ。たとえば大正時代も「多死社会」だったが、「高齢化」社会ではなかった。平成28年版『高齢社会白書』の「高齢化の現状と将来像」という図表を見ると、昭和25年には、高齢者1人に対して12人の現役世代がいた。平成27年には高齢者1人に対し現役世代は2.3人で、将来的には1人しかいない状態になるという。
 これはどういうことかというと、死者が多くても葬儀を営む側の人が少ないということだ。つまり1人では葬儀費用などを負担できないという経済的な問題、家族や親族がいないという人的問題によって「葬られない・弔われない死者」が出て来る。これは個人の問題に止まらず、社会で対応すべき問題になるだろうから、当然、社会保障としての葬送という問題が起きて来る。そのときの一番の接点は寺院ではなく、自治体だ。自治体が「葬られない・弔われない死者」にどのような形で対応するかが大きな問題となる。毎年、引き取り手のない遺骨が全国で約4000体、東京都内で180体ほどある。
 横須賀市が「エンディングプラン・サポート事業」ということを始めている。日本社会では親族が葬送義務者なのだが、親族がいない場合、自治体の長が葬送を行わなければならない。その場合、「親族がいない」ということを確定しなければならず、それはとても時間がかかる。そこで予め一人暮らしで身寄りのない人、月収16万円以下、貯金100万円以下、不動産を所持していないという条件の人を対象に希望者を募り、登録制度を作った。常時、登録カードを所持、万が一の時には、市と契約を結んでいる葬儀社が葬儀を行い、市営霊園または協力寺院の無縁塔に納骨するというものだ。
 これから団塊世代が亡くなる。多くは生活困窮者ではない。富裕者でも孤独死する。父母や連れ合いなどの介護をし終わったとき、家族は誰も面倒を見てくれない、絶縁状態のような状況も想像される。そのとき、自分の死をどのように迎えられるか。〈私〉たちは孤独死を覚悟しなければならない。そういう時代になっている。
 社会保障としての葬儀を寺院が引き受けるとすると葬儀件数が格段に増えるが、都市部に寺院が少ないため、住職は過労の状態になる。『宗教年鑑』によると平成25年末時点で、神奈川県で4791人に一ヵ寺、東京都で4629人に一ヵ寺。その反対に福井県は470人に一ヵ寺、富山県が673人に一ヵ寺だ。寺院が多く、一ヵ寺あたりの人口が少ない県ほど「幸福度」が高く、逆比例している。社会の安定のため、人心の安穏のため、寺院が必要ということを社会に対して訴える必要もあるだろう。

 

  何もかも普段は考えないようなことばかりだ。が、〈私〉たちも考えなければならないことのようだ。 



2017.05.12 Friday 10:18
住職雑感 comments(0)
1/16PAGES >>