Calendar
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>
NewEntry
Profile
Category
Archives
Comment
Search
Link

Favorite
素材満載 ブログで作る かんたんホームページ [CD-ROM付き]
Mobile
qrcode
Sponsored Links
満開の桜の雪景色

 

 

2020年3月29日(日)12時30分ころ、東雲寺の境内の雪景色です。桜ソメイヨシノの枝が雪の重さで枝垂れ桜のようになっています。



2020.03.29 Sunday 12:54
成瀬あれこれ comments(0)
日露戦争従軍看護婦 堀江トヨ

 東雲寺檀信徒総代のR・H氏から堀江トヨさん(1878〈明治11〉〜1906〈明治39〉)の資料を拝借した。
 昨年(2019)8月3日の施食法会(せじきえ)法要の後席のときだったか、R氏が成瀬の昔のことについてとてもお詳しいので、改めてお話しを一度お聞きしたいというようなお願いをした。
 そして、今年1月9日の総代世話人会の折、R氏と成瀬の話をしている中で、堀江トヨさんの資料を貸してくださることになった。堀江トヨさんは、成瀬出身で日露戦争従軍看護婦だった方で、明治後期、現在の東雲寺本堂再建(1912〈大正元〉年8月落慶)のときに成瀬の人びとの協力を得ながら、木目田市郎右衛門氏や井上徳太郎氏らとともに指導的立場で尽力くださった堀江團藏氏の娘さんである。
 成瀬郷土史研究会編『成瀬   村の歴史とくらし』(1985年)の「戦争と村」の中に「日露戦争従軍看護婦・堀江トヨ」が立項されているので引用紹介する。

 

  (前略)渋谷の赤十字病院看護婦養成所と神田の水原産婆学校で学んだ堀江トヨは、明治36年(1903)、赤十字社第二救護班の仕事をするようになった。翌37年5月、日露戦争勃発と同時に、広島陸軍病院勤務を命ぜられ、その後宇品と大連の間を結ぶ病院船倏邂Υ櫚瓩望茲蟾み、四十数回も往復しながら、傷病兵の看護に献身した。しかし、38年9月に過労のため倒れ。翌39年4月、29歳の若さで亡くなった。戦死ともいえる彼女の短い生涯の話は、矢沢高佳が「神に祀られたる日本女性」として紹介している(後略)

 

 拝借した堀江トヨさん関係資料中の証書や辞令は以下の四通(位階勲位族称など略)。

 

看護婦證書/東京府堀江トヨ/右者看護學課程ヲ卒リ本社看護婦タルニ適スル者ト認ム仍テ爰ニ之ヲ証ス(以下、準備看護婦養成委員長以下九名の学科、肩書、氏名、職印など略)/右準備看護婦養成委員長等ノ稟申ニ依リ爰ニ證書ヲ授與ス/明治丗六年十月十五日/醫學博士日本赤十字社病院長𣘺本綱常 印

 

東京府團藏二女堀江トヨ/右看護學課程ヲ卒リタルニ依リ日本赤十字社準備看護婦ヲ命ス/明治三十六年十月十六日/日本赤十字社
 
看護婦免状/東京府堀江トヨ/明治十一年七月生/明治三十三年七月東京府令第七十一號看護婦規則第二條但書ニ依リ此ノ免狀ヲ附與ス/明治三十七年一月十六日/東京府知事千家尊福 印

 

堀江トヨ/日本赤十字社看護婦ヲ解ク/明治三十九年一月十五日/日本赤十字社

 

 そして堀江トヨさん自身が罫紙などに毛筆で書写した細かな文字の教科書やノートなど二十冊があった。1890(明治23)年から始まった看護婦養成だが、その十年後段階での受講者のご苦労が偲ばれる。以下にその一部を掲げる。
 『明治丗三年九月十六日/試験室ノ心得』
 『明治三十四年五月/消毒法/堀江豊』
 『明治丗四年五月/看護法/堀江豊』
 『明治丗四年五月/治療介輔/堀江豊』
 『繃帯學 上』 『繃帯學/堀江豊』
 『解剖生理 上』 『解剖生理學/堀江豊』
 『器械學/保里江登與』 『消毒材料製造法』
 『明治丗五年正月吉日/三富先生/衛生法』
 『明治丗五年三月廿日/三富先生口述/衛生法』
 『村内先生口述/看護法』
 『服従法/堀江豊』 『海軍服従法/堀江豊』
 『赤十字社條約』 以上が筆写本。


 さらに印刷製本された『改正増補 實用繃帯學』 『日本赤十字社々則』などがあった。
 また、『明治三十五年 懐中日記』には1月1日から断続的に3月23日までのトヨさんの記録が残されていた。そして、トヨさんが体調を崩して熱海温泉鱗屋で療養していた折に届けられたお見舞や年賀の挨拶などの十通の郵便葉書があった。
 懐中日記、葉書、『服従法』などについては、次回以降の機会に報告したい。



2020.03.08 Sunday 07:59
成瀬あれこれ comments(0)
杉山神社の節分「豆まき」 

 

2月3日、成瀬杉山神社の豆まき、13時と15時の二回行われました。

神社の役員さん、年男や年女の代表の方たち、地域の役員、来賓が豆まきをされました。

 



2020.02.03 Monday 15:05
成瀬あれこれ comments(0)
杉山神社の祭礼で花火

 台風15号接近の中、東雲寺の前にある杉山神社の祭礼が行われ、夕刻30分早めて7時から花火が打ち上げられました。激しい雨が何度も降っていた中、たまたま小降り、雨が止んでいる中で花火が打ち上げられ、近隣の皆さんが東雲寺の境内で花火見物をしました。



2019.09.08 Sunday 21:04
成瀬あれこれ comments(0)
成瀬会館で14,000年前の隆起線文土器を観ました

 4月3日〜10日、町田市成瀬4丁目「NPO法人成瀬会館」で「成瀬の文化財を成瀬で見る学ぶ大作戦」というイベントが開催されています。初日に見学してきました。成瀬なすな原遺跡(南成瀬8丁目)で発見された14,000年前の隆起線文土器などが展示されていました。成瀬会館理事長の木目田元さんや前理事長の中里猪一さんにご案内ご説明いただきました。展示期間中、レプリカの土器が展示されていますが、4月7日(日)には本物を展示し、町田市教育委員会専門学芸員の方の講演もあります。



2019.04.05 Friday 18:44
成瀬あれこれ comments(0)
NPO法人成瀬会館 歴史文化講座

成瀬会館歴史文化講座

主 催  NPO法人 成瀬会館

講 師  東雲寺住職 柚木 祖元

日 時  11月18日(日)14時〜15時30分

会 場  成瀬会館ホール

演 題  東雲寺/地域の人々と歩む400年(後半)

参加費  500円

申込み  氏名、住所、電話番号、FAX番号を書いて下記へお申し込みください。

      成瀬会館  042−850−9558

 

今年2月に同じ演題で江戸時代後期までのお話ししましたが、今回はその続きをお話しします。



2018.11.05 Monday 14:10
成瀬あれこれ comments(0)
昭和薬科大学 実験動物慰霊法要

 

 

 

毎年10月の中、下旬の水曜日に昭和薬科大学(町田市東玉川学園3丁目)において実験動物の慰霊法要を修行しています。

今年は10月24日(水)12時より、理事長、学長先生はじめ教職員の皆さん、学生さんたちが参列、読経中に慰霊碑の前卓に献花しご供養しました。



2018.10.25 Thursday 12:21
成瀬あれこれ comments(0)
白い曼珠沙華
2018091911400000.jpg


2018.09.19 Wednesday 11:40
成瀬あれこれ comments(0)
NPO法人「成瀬会館」歴史文化講座で講演

 

 2月17日14時〜15時45分、東雲寺のごく近所にあるNPO法人「成瀬会館」の木目田 元理事長さんや同会館事業委員会の小室政治さんからのお勧めがあって、「東雲寺/地域の人々と歩む400年」と題した講演をさせていただきました。

 ちょうどこのときに平昌冬季オリンピックのフィギュアスケート男子シングル・フリースケーティングで羽生結弦選手と宇野昌磨選手が金、銀のメダルを獲得した時間でしたが、70数名の方が住職の話を聴きにきてくださいました。

 郷土の歴史研究、調査に長年関わっておられる井上恭一先生(元町田市教育委員長)はじめ中里猪一さん(成瀬会館前理事長)、矢口 昇さん(町田地方紙研究会事務局長)など、郷土史家の諸先輩が大勢いる中で、「素人の私が?」と思っていました。そんなことで自信がない分、資料を準備しようと思って、結果、資料を作りすぎ、半分くらいしかお話しできなかったのですが、終わりの時間を厳守し、責めをふさぎました。すると司会進行の木目田邦夫さんから「秋に第二回目を」というお話しがあり、これにはちょっと驚きましたが、今回については木目田理事長さん、小室さんたちからのご依頼に何とかお応えできたように思います。

 



2018.02.17 Saturday 17:39
成瀬あれこれ comments(0)
立春が過ぎ、東雲寺境内の紅梅が開花
2018020619520000.jpg
実は1月末から一輪二輪紅梅が咲いていたのですが、数十年ぶりの寒さで停滞してました。


2018.02.06 Tuesday 19:58
成瀬あれこれ comments(0)
1/4PAGES >>