Calendar
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
NewEntry
Profile
Category
Archives
Comment
Search
Link

Favorite
素材満載 ブログで作る かんたんホームページ [CD-ROM付き]
Mobile
qrcode
Sponsored Links
<< 境内の落ち葉のピークは過ぎたのですが、まだ一部の紅葉は綺麗です main 東雲寺仏教講座を再開します >>
ペリー来航時の浦賀奉行・井戸石見守弘道夫妻等の位牌を確認
2012010213050000.jpg
  毎年のことだが、暮れに東雲寺の位牌堂の大掃除をする。二日間ほどかかる。
  薄暗がりの中で位牌壇のお位牌を一つひとつ取り出し、浄巾で拭く作業を繰り返す。
  地元の成瀬地区以外のお位牌が祀られている位牌壇の一画の上の方に、成瀬では見かけない「星梅鉢」の家紋の、丈38僂曚匹如△韻辰靴涜腓いものではないけれども、作りの立派なお位牌があった。
  暗がりの中でお戒名を見てみると、「院殿」という文字が見えた。東雲寺のお檀家さんで「院殿」というお戒名はほとんどない。
  そこで明るいところに取り出してお戒名を見てみると、

   英巌院殿石州太守𣳾熈弘道日忠大居士
                                安政二年七月五日
   英珠院殿𣳾晧妙操日禅大姉
                               明治二年三月三日
   英昌院殿義達日善居士
                         安政四年十一月廿三日

と、あった。
  なんと井戸石見守夫妻のお位牌だった。
  30数年間、毎年お盆や暮れの大掃除には、同じように位牌堂掃除をしていたのだが、これまでまったく気がつかなかった。
  昭和23年から平成19年まで東雲寺を守って来た先代住職に聞いてみたが、この位牌が位牌堂に祀られていたということをまったく知らないとのことだった。

  江戸幕府が倒れて明治になり、俸禄を失った旗本の井戸家の妻子が、井戸家旧知行地だった成瀬の、米倉が置いてあった堀江さん宅(現在の南成瀬五丁目)に身を寄せたという。
  明治2年3月3日に井戸弘道夫人が亡くなり、そのご遺体が東雲寺歴住墓地の隣接地に埋葬された。
  このお位牌は、弘道夫人が亡くなってから作られたお位牌であるが、東雲寺は明治11年に火災に遭っているので、それ以降に井戸夫妻の墓石が建てられたのと同じ時期に、縁者から東雲寺に献牌されたものだろうか。また、「英昌院殿義達日善居士」は誰のお戒名なのかなど、現時点では詳細不明である。

  ※ 「境内ご案内」の「浦賀奉行と妻のお墓」を参照されたい。  
    


2012.01.02 Monday 15:03
東雲寺あれこれ comments(1)
スポンサーサイト


2017.11.17 Friday 15:03
- -
comment
初めまして、フロリダ在住の平山です。先日、こちらに住んでいる高齢のくみこさんという方から、日本のご実家のお話しをお聞きしました。
彼女の旧姓は堀江さん、当時成瀬というところへ住んでいたそうです。
ご実家に米倉があって、小作人のかたも沢山いたそうです。このお位牌のかたの
こともよく覚えていました。
このブログを見つけて、こうしてEメールを差し上げています。
アメリカに長く住んでいるとこうしたお話しはとても貴重ですね。  合掌
平山ひろみ 2013/04/16 3:13 AM




/PAGES