Calendar
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< March 2020 >>
NewEntry
Profile
Category
Archives
Comment
Search
Link

Favorite
素材満載 ブログで作る かんたんホームページ [CD-ROM付き]
Mobile
qrcode
Sponsored Links
<< 紫陽花の季節です main 明治大学リバティアカデミーの皆さん来山 >>
『小田原史談』連載の西岡逾明小伝を読む
 東雲寺本堂「室中(脇間)」の襖(ふすま。現在は屏風に表具し直している)に『七仏通誡偈(しちぶつつうかいげ)』を揮毫した西岡逾明について調べている過程で、神奈川県小田原市の小田原史談会(以下、史談会)の季刊誌『小田原史談』に直江博子氏の「西岡逾明  ある文人司法官の生涯」という論考があることを知った。5月20日、史談会に手紙を差し上げ、その論考を拝読したいとお願いをしたところ、6月8日に史談会会長・平倉正氏から丁寧なお手紙を添えて当該論考が連載された『小田原史談』(212〜5、7、8号。2008、9年)の六冊をお送りいただいた。
 当該論考の筆者・直江博子氏は西岡逾明の六代後のご子孫とのことである。直江氏によると逾明は「ゆうめい」と読むそうだ。逾明は、佐賀藩の典医・西岡春益の長子で、1835(天保6)生まれ、1912(大正元)年殁。以下に当該論考によって逾明の略歴を記す。
 逾明が生を享けた佐賀藩は教育熱心な藩で、藩士の子弟全員を6、7歳で藩校弘道館に就学させ、25、6歳で卒業、さらに国内外へ遊学もさせた。弘道館から江藤新平、大隈重信などといった多くの逸材を輩出している。
 逾明もこの藩校で教育を受け、万延・文久年間に父親とともに京・大阪に遊学した。このころは、幕府側(新撰組など)・反幕勢力が京の都などで争っていた時期で、医師の逾明は負傷者であれば誰彼かまわず治療し助けた。そのため幕府役人から疑いをかけられ、佐賀藩に帰る。
 明治元年、羽州出張中(柚木注・戊辰戦争に従軍か?)に軍監、木戸孝允の推薦で酒田県の権知事(現・山形県酒田市)、さらに東京府参事、東京府権大参事となる。
 次いで逾明は、左院の議官(立法府の官選議員)となって、日本の法律制度について議論。ヨーロッパの先進国の議事・立法機関等についての調査を命ぜられ、明治5年1月27日に横浜港出港、3月19日にフランスのパリに到着。パリで統計学・経済学者のモーリス・ブロック博士に師事。
 11月16日、右大臣・岩倉具視を特命全権大使とする岩倉遣外使節団がパリに到着。翌年2月17日まで逾明らと合流。この間、使節団副使・木戸孝允と逾明とは20回も会っている(木戸日記)。
 逾明が記したブロック博士の講義ノート数冊を木戸が読み、木戸、岩倉がブロック博士と相次いで面会。民選議員や民選裁判官などへの「急速な開化には注意を」という助言を受ける。このことによって明治政府の方針が修正される。
 明治6年9月5日に帰国。明治8年、判事に任ぜられ、大審院(現在の最高裁判所)判事をつとめ、転勤先の宮城、長崎、函館では各控訴院(現在の高等裁判所)の院長を務め、従三位勲三等に叙せられる。明治26年11月に病のため休職。
  晩年は、自分の娘や孫娘が小田原にいたからか、小田原に別宅を持ち、風光、文墨を友とし、朋友・家人・親戚と親しく交わった。小田原市久野の東泉院住職・富仙秀岳と交流、禅を談じた。逾明の客好き、話好きは父親譲りだったという。書を書き、漢詩を詠み、書物に囲まれ過ごした。能楽にも造詣が深かった。
 「神奈川県立第二中学校」と、板に書いたものが県立第二中学校(現・小田原高校)の正門に掲げられていたが、それは雄渾で立派な字だった。
 明治44年12月26日午前零時半、第二中学校物置から出火、本校舎一棟、付属建物三棟などを焼失。この冬は特に寒かった。その中で校舎再建などのために奔走した逾明は、とうとう病床に伏すこととなり、二中の火事から約一年後、大正元年12月23日に逝去した。享年78歳。
  教育に関しては最後まで情熱を傾け生き抜いた。逾明には信念があった。人間にとって教育こそがまさに大切なもので、教育を受けていないものは、法の網をかいくぐっても恥であるとは思わない。だから教育の力を当てにするのでなければ、日本の隆盛を望むべくもないというものだ。
 小田原市早川の海蔵寺に逾明夫妻の墓がある。正面に「判事従三位勲二等西岡逾明・配喜勢子墓」、左側に略歴を記した約八百字の碑文がある。
 


2012.06.19 Tuesday 17:21
東雲寺あれこれ comments(1)
スポンサーサイト


2020.03.29 Sunday 17:21
- -
comment
 西岡逾明に関する記事を拝見致しました。現在、西岡逾明周碩について調べており、直江博子氏の「西岡逾明 ある文人司法官の生涯」については名前を知っていたものの、小田原史談会の季刊誌『小田原史談』に掲載されたことや、直江さんがご子孫であることを知ることができ、大変参考になりました。
 私の家系は同じ佐賀藩士とはいえ、西岡逾明の家とは比較にならない最下級クラスです。しかし同じ西岡という名前なので、逾明周碩(号:宜軒)にも興味を抱いた次第であります。なお当方も曹洞宗で、家紋は「丸に桔梗」です。
 想像では、西岡逾明家の家紋は「桔梗紋」か「丸に桔梗紋」ではないかと思っています。戦国時代、龍造寺家の家臣に西岡美濃(守)という人物がおり、西岡逾明の家はその子孫ではないかと想像しているためです。
 \床美濃守の子供は江戸に入って、鍋島家の家臣となっています。そして、江戸末期の時点で西岡姓は十数名いますが、西岡逾明の家のみ家格が高い。美濃守を名乗るということは、先祖が美濃にいたという伝承があったためという可能性が考えられますが、美濃といえば土岐家の桔梗紋が有名ですから(土岐家の分流である明智光秀も桔梗紋)。
 ここからは妄想になりますが、私の先祖は西岡美濃守の家臣で、遠縁に当たる、もしくは全く縁はないが西岡という名前を下賜されたのでないか、などと思っています。久留米の親戚が家系図を持っていると聞いていますが、残念ながら住所が不明で調べようがありません。
 機会があれば、佐賀の西岡春益(逾明の父親)の菩提寺か小田原の貴院を訪れて、家紋を確認できればと思っております。
 兵庫県在住 西岡 拓也
西岡 拓也 2020/02/28 11:01 PM




/PAGES