Calendar
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< April 2018 >>
NewEntry
Profile
Category
Archives
Comment
Search
Link

Favorite
素材満載 ブログで作る かんたんホームページ [CD-ROM付き]
Mobile
qrcode
Sponsored Links
<< 反戦平和も仏教の教え main 今朝の雪作務 >>
法句経を読みました

2017122520430000.jpg
12月からの東雲寺仏教講座は、最古の原始仏典『法句経』を読み始めました。

 

   第一章 ひと組ずつ

1  ものごとは心にもとづき、心を主とし、心によってつくり出される。もしも汚れた心で話したり行なったりするならば、苦しみはその人につき従う。    車をひく牛の足跡に車輪がついて行くように。

 

2  ものごとは心にもとづき、心を主とし、心によってつくり出される。もしも清らかな心で話したり行なったりするならば、福楽はその人につき従う。    影がそのからだから離れないように。


3 「かれは、われを罵った。かれは、われを害した。かれは、われにうち勝った。かれは、われから強奪した。」という思いをいだく人には、怨(うら)みはついに息(や)むことがない。

 

4 「かれは、われを罵った。かれは、われを害した。かれは、われにうち勝った。かれは、われから強奪した。」という思いをいだかない人には、ついに怨みが息(や)む。


5  実にこの世においては、怨みに報いるに怨みを以てしたならば、ついに怨みの息(や)むことがない。怨みをすててこそ息む。これは永遠の真理である。

 

6 「われらは、ここにあって死ぬはずのものである」と覚悟しよう。    このことわりを他の人々は知っていない。しかし、このことわりを知る人々があれば、争いはしずまる。


7  この世のものを浄らかだと思いなして暮し、(眼などの)感官を抑制せず、食事の節度を知らず、怠けて勤めない者は、悪魔にうちひしがれる。    弱い樹木が風に倒されるように。

 

8  この世のものを不浄であると思いなして暮し、(眼などの)感官をよく抑制し、食事の節度を知り、信念あり、勤めはげむ者は、悪魔にうちひしがれない。    岩山が風にゆるがないように。

 

9  けがれた汚物を除いていないのに、黄褐色の法衣をまとおうと欲する人は、自制が無く真実と無いのであるから、黄褐色の法衣にふさわしくない。 

 

10   けがれた汚物を除いていて、戒律をまもることに専念している人は、自制と真実とをそなえているから、黄褐色の法衣をまとうのにふさわしい。▼

 

11 まことではないものを、まことであると見なし、まことであるものを、まことでないものと見なす人々は、あやまった思いにとらわれて、ついに真実(まこと)に達しない。

 

12   まことであるものを、まことであると知り、まことではないものを、まことではないと見なす人は、正しき思いにしたがって、ついに真実(まこと)に達する。

 

13    屋根を粗雑に葺(ふ)いてある家には雨が洩れ入るように、心を修養していないならば、情欲が心に侵入する。

 

14    屋根をよく葺(ふ)いてある家には雨の洩れ入ることが無いように、心を修養してあるならば、情欲の侵入することが無い。
 



2017.12.25 Monday 20:47
仏教の教え comments(0)
スポンサーサイト


2018.04.15 Sunday 20:47
- -
comment




/PAGES