Calendar
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728   
<< February 2018 >>
NewEntry
Profile
Category
Archives
Comment
Search
Link

Favorite
素材満載 ブログで作る かんたんホームページ [CD-ROM付き]
Mobile
qrcode
Sponsored Links
<< 立春が過ぎ、東雲寺境内の紅梅が開花 main 涅槃会 >>
追悼 奈良康明先生

 1月30日(火)14時〜16時、奈良康明先生(2017年12月10日逝去、享年89歳)の本葬儀に参列焼香させていただいた。葬儀の式次第や配役が記された小冊子に奈良先生の遺偈が掲載されていた。禅僧一般が末期に示す四言絶句の遺偈の他に二篇の散文詩の遺偈があった。その内の一つを以下に紹介する。

 

愚直 率直 オッチョコチョイ
後先見ずに走り出し
走りつづけて八十九年
さすがにちょっとくたびれました
功なく 徳なく 悟りもないが
黄泉でも同じく ぶきっちょに 走ってます

 

 先生のお弟子さんの法清寺住職・奈良修一師の解説によると「(前略)禅僧の遺偈は漢詩が普通です。生前から、東堂和尚は自分には漢詩の素養がないし、何も無理に漢詩である必要もない、思いのままを普通の文章で示したいと折に触れて言っていました。(中略)東堂の心情を実直に吐露したものです。弟子の目からは見えない心境を平易な言葉で語っています。確かにこの部分は漢詩には出来ないと思います。それだけに、東堂らしい詩です」とあった。この「東堂」とは禅寺で住職を退任した前住職の呼称である。
 先生は1966(昭和41)年から2006(平成18)年まで台東区下谷の法清寺住職を務められ、現職を退かれた後も熱心に教化活動に取り組まれていた。そして80歳を超えられた先生のもとに福井県の大本山永平寺から西堂(せいどう=禅宗で他の寺を引退した長老で、その寺に来て教化を助けるもの。永平寺の正副住職に次ぐ上席の僧)に迎えたい。若き修行僧たちへ定期的にお釈迦さまや道元禅師の教えを講義してほしいという要請があった。先生はこれを請けられ、2012(平成24)年5月から東京と福井との往復を繰り返された。私などが本山の春秋の大法要に随喜のため上山すると、スーツ姿の先生を見慣れていた拙の目の前に、なんと法衣を纏った先生がおられ、参拝者の方たちなどに講話をなさる先生のお姿を何度もお見かけした。そうした折には先生のお話を障子越しに拝聴させていただいた。

 奈良先生は永平寺の月刊誌『傘松』に「釈尊と道元禅師〜慈悲の実践〜」を連載中で、その行間からは先生のお声が聞こえてくるようだった。昨年11月号の文末には「つづく」とあった。
 奈良先生の本葬儀の参列者への返礼品の中に先生の『他を自分の身にひきあてて 仏教における「慈悲」のこころ』という印刷物が入っていた。昨年7月26日に行われたインタビューの記録で、12月30日発行の書籍の抜刷だった。そこに先生のご著書『ブッダの詩』(NHK出版、2011年)の最後に掲げられている原始仏典『ダンマパダ』の

 

すべての者は暴力におびえ、すべての者は死をおそれる。己が身をひきくらべて、殺してはならぬ、殺さしめてはならぬ。
すべての者は暴力におびえる。すべての(生きもの)にとって生命は愛しい。己が身にひきくらべて、殺してはならぬ。殺さしめてはならぬ。

 

 が紹介されていた。先生は「この詩を仏教における暴力否定・戦争否定を高らかにうたいあげているお釈迦さんの言葉だと理解してい」ると仰られていた。
 奈良先生は1971(昭和46)年から1993(平成5)までの長きにわたりNHKテレビの「こころの時代」に出演されていた。多くの宗教者、識者などを招いての対談番組だったが、先生の恩師中村元先生との対談は数十回行われ、拙もよく視聴させていただいた。番組の中で中村、奈良両先生がいつも「お釈迦さん」「お釈迦さん」と仰られていて、お二方がお釈迦さまをごく身近に感じておられ、深い敬愛の念をお持ちの様子が窺えた。
 奈良先生はよくご自分を「インド屋」と言っておられた。東京大学印度哲学梵文学科卒業後、インド・カルカッタ大学に留学されていて、インド宗教文化史の「現地」を知る研究者だった。
 また、先生は駒澤大学の学長、総長などの重職を歴任する一方で、東方研究所常務理事、仏教学術振興会理事長、大蔵経データベース化支援募金会事務局長なども務められていた。



2018.02.14 Wednesday 10:32
曹洞宗あれこれ comments(0)
スポンサーサイト


2018.02.18 Sunday 10:32
- -
comment




/PAGES