Calendar
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>
NewEntry
Profile
Category
Archives
Comment
Search
Link

Favorite
素材満載 ブログで作る かんたんホームページ [CD-ROM付き]
Mobile
qrcode
Sponsored Links
<< 境内のノウゼンカズラ main 夏の子ども坐禅会開催 >>
懺悔滅罪〜あの涕泣の理由〜

  私が生まれ育った福島県二本松市の大隣寺では毎月17日夕刻に「お逮夜(おたいや=忌日前夜の読経法要)」を行っていた。現在は師父・二十七世大徹祖堂大和尚(昭和57年11月25日示寂)の月忌命日逮夜である毎月24日に移行、修行されている。
 17日は大隣寺二十五世黙雄領禅さま(昭和4年7月17日示寂)の月忌命日、二十六世禅機魁学さま(昭和20年12月18日示寂)の月忌命日逮夜にあたり、毎月17日の夕方に寺内全員で『修証義(しゅしょうぎ)』を読誦供養していた。『修証義』は五章で構成されており、下記のように1月は一章、2月は二章というふうに読んでいた。
  第一章「総 序」
    1月、6月、11月
  第二章「懺悔滅罪」
    2月、7月、12月
  第三章「受戒入位」
    3月、8月
  第四章「発願利生」
    4月、9月
  第五章「行持報恩」
    5月、10月
 私が小学校低学年当時、毎月17日午後に福島県内各地から数名の住職方が大隣寺にお出でになり、寺内の者たちとともに『修証義』を読誦、お逮夜法要を修行していた。遠方の方はその夜一泊されて翌朝お帰りになったりした。その頃、お客さまがお寺に宿泊されることが珍しいことではなかったが、私たち子どもにとってお客さまが来るというのは、なんとなく嬉しいような、ウキウキするようなできごとだった。
 それはたぶん7月のお逮夜の日のことだったと思うが、福島県内K町G寺さまが大隣寺にお見えになった。G寺さまは到着するとすぐに玄関の次の間にあった庫裡のお仏壇にお線香を上げてお詣りされた。
 7月だから『修証義』第二章「懺悔滅罪(さんげめつざい)」を読む月だった。第二章は他の章より短く、法要が少しだけ早く終わって夕食になるし、私の誕生月の2月に読む章だったことなどから、私は第二章が好きだった。そういうわけで懺悔滅罪の意味も知らずに、考えもせずに、仏壇にお詣りしていたG寺さまに「懺悔滅罪やっぺない(やりましょう)」と言うと、G寺さまが声を上げて泣き出してしまった。大の大人が啼泣したことに驚き、その記憶が心に深く刻まれたが、なぜ泣いたのかの理由については近年までよく分からずにいた。


 母・真観院松雲妙韻禅尼(故高松ことさま、平成30年6月18日逝去、享年97歳)が最晩年に昔の思い出を私に手紙で書き送ってくれていた。以下はその一節である。

 

  (前略)ご前様(大隣寺二十五世黙雄領禅さま)がお留守の時は魁学方丈(後に二十六世となる禅機魁学さま)が代わって修行の指導をしたようです。間もなく魁学方丈が高林寺の住職となり、ある時、ご前様のお留守の時、大隣寺に来て修行僧を監督し、暗くなって帰路につき、途中で安達ヶ原の観世寺の辺りで忘れ物を思い出して引き返して来たら、お寺は真っ暗、もぬけの殻、坊さん逹は皆で遊び(芝居)に行ったとのことです。魁学様は玄関に坐禅して待って居たら、暫くして賑々しく皆が帰って来たのだそうです。魁学様が凄い顔で居たので皆で蒼くなり、坐禅させられ警策(きょうさく)をバッチバッチと打たれたのだそうです。中でも首謀者のK町のG寺様は警策が折れてふっとび、肩の肉が裂け血が出て、玉泉寺様は恐くなって実家に逃げ帰り、親戚の医者に手当てをして貰って、診断書を書いて貰ひ警察に訴えたとのこと。
  警察が大隣寺に来て、魁学様を出せと云う声を聞き、ご前様が奥から玄関に出られ、修行中のことは何人も口出しは無用と鶴の一声で収まったのだそうです。G寺様は、後日、人を介して詫びを入れ、大隣寺に戻った由。
  G寺様と梅侃さんは申し合わせて、七月十七日にはよく来山なさいました。時にはご前様のお弟子が沢山集まって巨邦会(大隣寺の山号に因む会名)等で一泊なさいました。警策の件はその折の話です。G寺様はあの警策で今自分が坊さんをして居られるのだと仰いました(後略)

 

 今日では傷害事件となる事案だが、戦前の叢林(そうりん=禅の修行道場)でのことだ。警策で懲らしめの指導があり、このことがG寺さま啼泣の背景にあったようだ。



2018.07.12 Thursday 10:32
住職雑感 comments(0)
スポンサーサイト


2018.09.19 Wednesday 10:32
- -
comment




/PAGES