Calendar
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< January 2020 >>
NewEntry
Profile
Category
Archives
Comment
Search
Link

Favorite
素材満載 ブログで作る かんたんホームページ [CD-ROM付き]
Mobile
qrcode
Sponsored Links
<< 東雲寺六世朝庵が釈迦像を彫刻して板橋区西台圓福寺に奉納 main 過去現在未来の諸仏、ともに仏となるときは、必ず釈迦牟尼仏となる >>
「スッタニパータ」を読み始めました

 

 東雲寺仏教講座(毎月1回、原則として第4日曜日午後)で、今日(2019年12月22日)から、「スッタニパータ ブッダのことば』を読み始めました。

 

 「スッタニパータ」については、水野弘元・中村元・平川彰・玉城康四郎の責任編集『仏典解題事典』(春秋社、1966年)の解説を以下に掲げます。

 

スッタ・ニパータ(Sutta-nipāta,経集)
 パーリ語で書かれた南方上座部の経蔵(小部)に含まれるテキスト。長短さまざまの詩集で、時に散文を交じえている。蛇品・小品・大品・義品・彼岸道品の5章からなる。
 原始仏教聖典中最古の作品で、特に義品と彼岸道品の2章は、最初独立して行なわれ、仏教最古の聖典といってよい。蛇品(ウラガヴァッガ Uragavagga)には12経あり、その第1経に〈比(び)丘(く)は、蛇が古りたる旧皮を棄つるがごとく、彼此の岸をば共に捨つ〉の句をくり返し、《蛇経》と名づけられている。第3経には〈一角犀のごとく、まさに独り遊行すべし〉と説く有名な詩が収められている。小品は比較的短い諸経を集めて14経、大品はやや長い12経を集めている。なかでも《出家経》(大品第1経)、《精勤経》(同第2経)、《ナラカ経》(同第10経)の3経は仏陀の伝記に関する最古の資料である。《ヴァーセッタ経》(第9経)は四姓平等の理を説き、《二種随観経》(第12経)は素朴な形で縁起の理を説く、義品 Atthakavagga の名はまた八偈品とも解せられ、《窟八偈経》(第2経)、《瞋怒八偈経》(第3経)等、8偈から成る経が多い。古くから16経の構成を有し、漢訳《義足経》はこれに相当し、やはり16経より成る。彼岸道品 Pārāyanavagga は趣を異にし、全体が統一性を有する。16人の学童がブッダに問い、ブッダがこれに答える問答16節と、その前に序偈、あとに結語の2節、合わせて18節から成る。
 パーリ語三蔵の中には多数のスッタ(経)が存するのに、本集のみ特に《経集》と呼ばれた理由は、他の経にはそれぞれ特定の名をもって呼ぶべき特徴があるが、本経にはかかる特別の特徴がないために《経集》と呼ばれたと言われる。本集はこのように雑多な経の集成であり、《経集》の名は他の部派の伝承には見られない。南方上座部特有のもので、このように編纂されたのは、紀元前3世紀以後のことである。本集には《義釈(ニッデーサ、Niddesa)》と呼ばれる古い註釈書がある。これは義品・彼岸道品の2章と蛇品第3経に対する語句註解である。《義釈》成立時代(B.C3世紀のアソーカ王時代または後間もないころ)にはまだ本集全体がまとまっていなかったと思われる。しかし義品・彼岸道品のみならず、他の3章中の各経いずれもきわめて古い起源のものである。新しい要素がまったくないわけではないが、その内容は最古の仏教を明らかにする資料である。純粋素朴な仏教思想を説き、最初期の教団のあり方を反映している。(以下、略)

 

 

  教材は住職作成のプリントで、中村元訳『ブッダのことば スッタニパータ』岩波文庫をはじめ5種類の翻訳本の訳文を比較しながら、第1章の第1経の1から17の詩偈を読みました。参考に資すため、以下に1から3までの詩偈を紹介します。

 

 |翅 元訳『ブッダのことば スッタニパータ』岩波文庫、1984年

◆々嗚凖欺咫λ楙盈品検Ρ殍槓戸彩『原始仏典』第七巻「ブッダの詩 機廖屮好奪織縫僉璽拭兵畭困里海箸弌法弭崔娘辧■隠坑牽供’

 宮坂宥勝訳『ブッダの教え   スッタニパータ』宝蔵館、2002年

前谷 彰訳・解説者『ブッダのおしえ 真訳・スッタニパータ』講談社、2016年

ァ/緻邱宛橘『経集(スッタニパータ)』オンデマンド版『南伝大蔵経』24 、「小部経典」2、大蔵出版、2001年

 

1、蛇の毒が(身体のすみずみに)ひろがるのを薬で制するように、怒りが起ったのを制する修行者(比丘)は、この世とかの世とをともに捨て去る。

   蛇が脱皮して旧い皮を捨て去るようなものである。

1、もし比丘にして、むらむらとこみ上げてきたいらだちを除去してしまうこと、あたかも全身くまなくひろがった毒蛇の毒を霊薬によって解消してしまうごとくであるならば、そのような比丘は、あちことへ往還し流転しつづけてきた輪廻を放棄してしまう。あたかも蛇が古くなったとき、久しく自分のものであった皮を捨てていくように。

1、蛇の毒が(体に)まつわるのを薬草で抑えるように、生じた怒りを抑えるかの行乞(=修行者)は、劣った此の岸を捨てる。あたかも蛇がこれまでの古びた皮を〔脱ぎ捨てる〕ように。

1、からだに広がった蛇の毒を薬で追い払うように、生じた怒りを追い払う ― のようなビクは、この世と彼の世を捨て去る。蛇が朽ちた古い皮を捨て去るように。

1、〔体中に〕拡がれる蛇毒をば薬草をもて〔消 すが〕如く、〔心中に〕生起せる忿(いかり)を調伏するかの比丘 は、蛇が古りたる旧皮を〔棄つるが〕如く、彼此の岸をば〔共に〕捨つ。


2、池に生える蓮華を、水にもぐって折り取るように、すっかり愛欲を断ってしまった修行者は、この世とかの世とをともに捨て去る。蛇が脱皮して旧い皮を捨て去るようなものである。

2、もし比丘にして、色あでやかな欲情をあますところなくもぎとってしまうこと、あたかも水中から根茎によって水面に出た蓮の花を深く手を入れてとるごとくであるならば、そのような比丘は、あちことへ往還し流転しつづけてきた輪廻を放棄してしまう。あたかも蛇が古くなったとき、久しく自分のものであった皮を捨てていくように。

2、池の中に生えている蓮華を〔子どもたちが池に入って〕折り取るように、貪りを余さず断ち切ったかの行乞舎は、劣った此の岸を捨てる。あたかも蛇がこれまでの古びた皮を〔脱ぎ捨てる〕ように。

2、蓮の池に飛び込んで、蓮の根を断ち切るように、激しい欲望を余すことなく断ち切った ― のようなビクは、この世と彼の世を捨て去る。蛇が朽ちた古い皮を捨て去るように。

2、池に生ぜる蓮華をば〔子等が〕潜りて〔折 るが〕如く、貪(むさぼり)を残りなく棄断せしかの比丘は、蛇が古りたる旧皮を〔棄つるが〕如く、彼此の岸をば〔共に〕捨つ。 


3、奔り流れる妄執の水流を涸らし尽して余すことのない修行者は、この世とかの世とをともに捨て去る。蛇が脱皮して旧い皮を捨て去るようなものである。
3、もし比丘にして、あたりに浸潤する深層の欲望をあますところなく断ちきってしまうこと、あたかも激流なす河を干上がらせてしまうごとくであるならば、そのような比丘は、あちことへ往還し流転しつづけてきた輪廻を放棄してしまう。あたかも蛇が古くなったとき、久しく自分のものであった皮を捨てていくように。
3、流れる急流を涸らせて〔しまうように〕余すことなく渇望を断ち切ったかの行乞舎は、劣った此の岸を捨てる。あたかも蛇がこれまでの古びた皮を〔脱ぎ捨てる〕ように。
3、急流を干上がらせて、その流れを断ち切るように、愛の渇きを余すことなく断ち切った ― のようなビクは、この世と彼の世を捨て去る。蛇が朽ちた古い皮を捨て去るように。
3、急流する〔輪廻の〕流れを涸渇せしめ、渇愛を残りなく棄断せしかの比丘は、蛇が古りたる旧皮を〔棄つるが〕如く、彼此の岸をば〔共に〕捨つ。

 

 

 

 


 



2019.12.22 Sunday 21:20
東雲寺あれこれ comments(0)
スポンサーサイト


2020.01.27 Monday 21:20
- -
comment




/PAGES