Calendar
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>
NewEntry
Profile
Category
Archives
Comment
Search
Link

Favorite
素材満載 ブログで作る かんたんホームページ [CD-ROM付き]
Mobile
qrcode
Sponsored Links
<< 夏の坐禅会について main IP回線が切れた? >>
東雲寺仏教講座《「スッタニパータ」を読む》第6回開催

 

 

6月28日(日)14時30分〜16時に『スッタニパータ』第1章の第七経「賤しい人」を読みました。21名の方がご参加くださいました。

特にインドのヴァルナ・ジャーティ(カースト)の差別問題については、バラモン・クシャトリヤ・バイシャ・シュードラの四姓の他にアウト・カーストのチャンダーラとかマータンガを説明する際に、必ず持ち出される「アーリヤ人の東進」が、実は考古学的には確認されておらず、19世紀の言語学的な仮説に過ぎないという指摘(堀晄著『古代インド文明の謎』吉川弘文館、2008年)を紹介、差別問題は、差別する側があれこれと理由付けして作り出した問題であって、差別される側に何か理由や問題があるわけではないことを確認、生まれによって賤しい人となるのではなく、以下に一部列記し紹介するように人を騙したり、怒ってばかりいたり、偽証したり、悪事を働きながら、他人に知られないように隠しごとをしたりする行為をする人を賤しい人というのだ、という最初期の仏教の教えを学びました。

 

116  「怒りやすくて恨みをいだき、邪悪にして、見せかけであざむき、誤った見解を奉じ、たくらみのある人、──かれを賤しい人であると知れ。

 

119  村にあっても、林にあっても、他人の所有物をば、与えられないのに盗(ぬす)み心をもって取る人、── かれを賤しい人であると知れ。

 

121  実に僅かの物が欲(ほ)しくて路行く人を殺害して、僅かの物を奪い取る人、── かれを賤しい人であると知れ。

 

122  証人として尋(たず)ねられたとき、自分のために、他人のため、また財のために、偽りを語る人、── かれを賤しい人であると知れ。

 

123  或いは暴力を用い、或いは相愛して、親族または友人の妻と交(まじ)わる人、──かれを賤しい人であると知れ。

 

126  相手の利益となることを問われたのに不利益を教え、隠し事をして語る人、── かれを賤しい人であると知れ。

 

127  悪事を行なっておきながら、『誰もわたしのしたことを知らないように』と望み、隠し事をする人、── かれを賤しい人であると知れ。

 

 などなど。(中村元訳『ブッダのことば──スッタニパータ』岩波文庫)

 

 

7月から9月は毎月第四日曜日午後2時半〜4時、圭室文雄先生の連続講座になります。

 7月26日 「本能寺」

 8月23日 「清水寺」

 9月27日 「善光寺」

 受講希望の方は、お名前、ご住所、お電話をお書きになって「圭室文雄先生の講座受講希望」などと、下記宛にお申し込みください。

 FAX 042−721−2964

 メール butudou-sogen@vesta.ocn.ne.jp



2020.06.28 Sunday 18:07
仏教の教え comments(0)
スポンサーサイト


2020.07.07 Tuesday 18:07
- -
comment




/PAGES