Calendar
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>
NewEntry
Profile
Category
Archives
Comment
Search
Link

Favorite
素材満載 ブログで作る かんたんホームページ [CD-ROM付き]
Mobile
qrcode
Sponsored Links
<< 東雲寺仏教講座《「スッタニパータ」を読む》第6回開催 main 「蒲團(ふとん)」とは坐禅で使用する「坐蒲(ざふ)」のことか? >>
IP回線が切れた?

 7月5日(日曜日)21時40分過ぎ、インターネットがつながらなくなり、思いつく限りのさまざまな方法でつなごうと試みていると、22時過ぎに庫裡正面玄関で来訪者の「ピンポン」。こんな夜遅くに誰かと思い「どなたですか?」と尋ねると、ALSOKの警備員で、東雲寺の本堂や庫裡の警備ができなくなっているという。普通なら、予め電話連絡があって警備の方が確認に来るはずなのに、予めの電話がなかった。そのことを玄関の扉越しに言うと、東雲寺の電話が通じなくなっているという。

 ヘルメット姿を確認して玄関の鍵を開け、庫裡に上がっていただき、点検してもらうと、IP回線が断線しているとのこと。

 この日の午後、時折、風雨が激しくなったりしていたので、電話線などが境内のサクラの木の枝か何かで切れたのかと思った。

 ALSOKの警備の方の助言で、住職の携帯電話から「113」ダイヤルでNTTの24時間対応の故障係へ連絡。

 断線などの故障係から折り返し電話させるとの回答。ウトウトしながら待っていると、日付が変わった7月6日の0時過ぎに、NTT故障問題受付の方から住職携帯に連絡があった。

 NTTの受付の親切な説明と指示でIP回線の受信装置の状況を確認、確かに光通信がOFFになっていた。

 本堂や庫裡の警備ができない、インターネットやメールがつながらないという問題もさることながら、お盆を控えた現在、今年は特に「新型コロナウイルス問題」によって特別な「無参列」などのお盆行事になってしまっているため、檀信徒の皆さまからの問い合わせの電話が絶えない時期に、電話が通じないということが大問題。しかし、電話口の方の話によると、故障修理担当者の方が東雲寺に来て下さるのは、早くて7日(火曜日)午前中とのこと。

 36時間、通信が途絶える状態、さらに7日午前中の故障修理の方の作業でIP回線が修復するかどうかも分からない、という不安。

 6日(月曜日)には、FAXがつながらないので文書を持って来て下さった方、電話がつながらないので息子さんの運転でお寺に来て用件を伝えて下さった方もおられた。IP回線が切れているという事情を説明させていただいた。

 大きなトラブルにならないように祈りつつ、本日、7月7日を迎え、午前9時過ぎ、NTTの故障修理の方が10時ころには東雲寺に到着するとのこと。なんとか修復してほしいと願いつつも、サクラの木の枝による断線だったりしたら、これから何日間か、各種通信不通状況が続くことになる。「それも仕方がない」などと諦めてはじめていると・・・・・

 故障修理担当猶方が点検、その結果、床下のIP回線をネズミがかじって断線していたことが判明。一時間もかからずに修復。

 IP回線をかじった〈犯人〉らしいネズミは「ネズミ取り」に捕まっていて、NTTの故障修理の方によって駆除。

 ・・・・・たかがネズミ、されどネズミ・・・・でした。   

 

 



2020.07.07 Tuesday 22:44
住職雑感 comments(0)
スポンサーサイト


2020.08.06 Thursday 22:44
- -
comment




/PAGES