Calendar
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< March 2020 >>
NewEntry
Profile
Category
Archives
Comment
Search
Link

Favorite
素材満載 ブログで作る かんたんホームページ [CD-ROM付き]
Mobile
qrcode
Sponsored Links
リキュウバイ(利休梅)の白い花

 

リキュウバイの白い花が青空に映えます。



2020.03.15 Sunday 09:37
東雲寺あれこれ comments(0)
コロナでお休みの孫たちがクッキーを作ってくれました

DSC_0061.jpg

 

新型コロナウイルスのため、学校がお休みの孫たちが、

長女Y子の家で今日はクッキング。

クッキーを作ってくれました。「♡そげんさん」と書いてくれたのは、3月5日に10歳になった君です。



2020.03.13 Friday 21:14
住職雑感 comments(0)
東雲寺境内東側の桜の老木の伐採前と伐採後

 2020年2月26日撮影

 

 3月11日17時現在、このような状況になりました。

 ご近所の皆さま方に万が一にも倒木によってご迷惑をおかけしないようにするため、桜(ソメイヨシノ)の老木を伐採しています。植える場所を考えながら、桜(ジンダイアケボノ)を植えていく計画です。 



2020.03.11 Wednesday 18:11
東雲寺あれこれ comments(0)
東雲寺表参道にジンダイアケボノを植樹

DSC_0046.jpg

 植木屋さんが言うには、花芽があるので、もしかすると今シーズン中にサクラの花が見れるかも知れません。



2020.03.11 Wednesday 17:23
東雲寺あれこれ comments(0)
東日本大震災から9年

DSC_0027.jpg
  3月11日14時46分から、ご近所さんや子どもたちとともに梵鐘を鳴らして、東日本大震災・大津波の犠牲者のご冥福を祈り、被災地の復興をお祈りしました。

 3月5日に10歳になったばかりのS君に「何で鐘を鳴らすの?」と尋ねると、「えーとね。何だっけ」。

 住職が「今日が東日本大震災から今年で9年目、大勢の人が亡くなったんだよ」と言うと、「そうそう、ボクが1歳のときにあったんだよね」とのこと。母親から聞いて知っていたようだが、子どもたちにとっては、当時の記憶がないわけで、たぶんよく分からない過去の出来事のひとつになっているのだろうと思う。



2020.03.11 Wednesday 16:35
住職雑感 comments(0)
新しく桜を植えます。

DSC_0013.jpg

東雲寺の表参道に新たに桜の苗木を8本植えます。

ジンダイアケボノという病気に強い品種です。

10年後くらいには花見を楽しめる大きさになると思います。



2020.03.09 Monday 09:34
東雲寺あれこれ comments(0)
桜の古木の伐採を始める

DSC_0004.jpg

 東雲寺の境内地を囲むように植えられた桜の木が老木となり、樹木の腐りも各所に見られ、隣接住宅にご迷惑をおかけしないように伐採を開始しました。

 5年計画くらいで伐採予定ですが、今回はお寺の東側、近隣住宅との境界にある桜10本ほどを伐採します。



2020.03.09 Monday 09:22
東雲寺あれこれ comments(0)
日露戦争従軍看護婦 堀江トヨ

 東雲寺檀信徒総代のR・H氏から堀江トヨさん(1878〈明治11〉〜1906〈明治39〉)の資料を拝借した。
 昨年(2019)8月3日の施食法会(せじきえ)法要の後席のときだったか、R氏が成瀬の昔のことについてとてもお詳しいので、改めてお話しを一度お聞きしたいというようなお願いをした。
 そして、今年1月9日の総代世話人会の折、R氏と成瀬の話をしている中で、堀江トヨさんの資料を貸してくださることになった。堀江トヨさんは、成瀬出身で日露戦争従軍看護婦だった方で、明治後期、現在の東雲寺本堂再建(1912〈大正元〉年8月落慶)のときに成瀬の人びとの協力を得ながら、木目田市郎右衛門氏や井上徳太郎氏らとともに指導的立場で尽力くださった堀江團藏氏の娘さんである。
 成瀬郷土史研究会編『成瀬   村の歴史とくらし』(1985年)の「戦争と村」の中に「日露戦争従軍看護婦・堀江トヨ」が立項されているので引用紹介する。

 

  (前略)渋谷の赤十字病院看護婦養成所と神田の水原産婆学校で学んだ堀江トヨは、明治36年(1903)、赤十字社第二救護班の仕事をするようになった。翌37年5月、日露戦争勃発と同時に、広島陸軍病院勤務を命ぜられ、その後宇品と大連の間を結ぶ病院船倏邂Υ櫚瓩望茲蟾み、四十数回も往復しながら、傷病兵の看護に献身した。しかし、38年9月に過労のため倒れ。翌39年4月、29歳の若さで亡くなった。戦死ともいえる彼女の短い生涯の話は、矢沢高佳が「神に祀られたる日本女性」として紹介している(後略)

 

 拝借した堀江トヨさん関係資料中の証書や辞令は以下の四通(位階勲位族称など略)。

 

看護婦證書/東京府堀江トヨ/右者看護學課程ヲ卒リ本社看護婦タルニ適スル者ト認ム仍テ爰ニ之ヲ証ス(以下、準備看護婦養成委員長以下九名の学科、肩書、氏名、職印など略)/右準備看護婦養成委員長等ノ稟申ニ依リ爰ニ證書ヲ授與ス/明治丗六年十月十五日/醫學博士日本赤十字社病院長𣘺本綱常 印

 

東京府團藏二女堀江トヨ/右看護學課程ヲ卒リタルニ依リ日本赤十字社準備看護婦ヲ命ス/明治三十六年十月十六日/日本赤十字社
 
看護婦免状/東京府堀江トヨ/明治十一年七月生/明治三十三年七月東京府令第七十一號看護婦規則第二條但書ニ依リ此ノ免狀ヲ附與ス/明治三十七年一月十六日/東京府知事千家尊福 印

 

堀江トヨ/日本赤十字社看護婦ヲ解ク/明治三十九年一月十五日/日本赤十字社

 

 そして堀江トヨさん自身が罫紙などに毛筆で書写した細かな文字の教科書やノートなど二十冊があった。1890(明治23)年から始まった看護婦養成だが、その十年後段階での受講者のご苦労が偲ばれる。以下にその一部を掲げる。
 『明治丗三年九月十六日/試験室ノ心得』
 『明治三十四年五月/消毒法/堀江豊』
 『明治丗四年五月/看護法/堀江豊』
 『明治丗四年五月/治療介輔/堀江豊』
 『繃帯學 上』 『繃帯學/堀江豊』
 『解剖生理 上』 『解剖生理學/堀江豊』
 『器械學/保里江登與』 『消毒材料製造法』
 『明治丗五年正月吉日/三富先生/衛生法』
 『明治丗五年三月廿日/三富先生口述/衛生法』
 『村内先生口述/看護法』
 『服従法/堀江豊』 『海軍服従法/堀江豊』
 『赤十字社條約』 以上が筆写本。


 さらに印刷製本された『改正増補 實用繃帯學』 『日本赤十字社々則』などがあった。
 また、『明治三十五年 懐中日記』には1月1日から断続的に3月23日までのトヨさんの記録が残されていた。そして、トヨさんが体調を崩して熱海温泉鱗屋で療養していた折に届けられたお見舞や年賀の挨拶などの十通の郵便葉書があった。
 懐中日記、葉書、『服従法』などについては、次回以降の機会に報告したい。



2020.03.08 Sunday 07:59
成瀬あれこれ comments(0)
河津桜が五分咲きです

DSC_0100.jpg

 東雲寺本堂裏手、東側の丘の上に、2012年4月に植えたコヒガンザクラ、カンヒザクラ、オカメザクラ、オオヤマザクラ、翌2013年4月に植えた河津ザクラ、コヒガンザクラ、シダレザクラ、八重ザクラの計36本があります。

 2月21日現在、河津桜が五分咲きくらいです。

 今年、ソメイヨシノが東京では3月15日ころに開花、春彼岸ころに満開になるという開化予想がなされています。

 東雲寺のソメイヨシノはこれより2,3日遅れると思いますが、お彼岸に「花見」になりそうです。

 

 ところで東雲寺のソメイヨシノは1957(昭和32)年に植樹されたもので、植えてから63年経っています。植樹のときに2,3年の苗木だったでしょうから、樹齢は65、6年くらいになるのでしょうか。

 

 昨年、一昨年と台風で桜の大木が倒れ、お地蔵様や墓地の石灯籠にあたって倒壊するなど、大小の被害が出ました。

 これまでにも台風によって、桜が倒されたり、大きな枝が折れたりしたことがありましたが、ここ数年の台風の風の強さは、これまでに経験しなかったような超がつくような大風で、今後のことが心配でした。

 そこで、万が一にもご近所の方々に迷惑をおかけしないよう、東雲寺の檀信徒総代・世話人会で話し合った結果、ソメイヨシノは60〜70年が寿命とされており、伐採もやむを得ない。しかし、東雲寺は「桜のお寺」として地域に親しまれているので、今後、6、7年計画で桜の植え替えをしようということになりました。

 ソメイヨシノに近い時期に開花する品種で、樹高が10メートルほど、病気に強いというジンダイアケボノを植えていく予定です。今年のお盆以降に、新品種の苗木(1本2,3万円か)購入・植樹、現在の桜ソメイヨシノの伐採(1本30数万円)の経費に一口2000円くらいで寄付を募る予定です。その際、よろしければご協力をお願いいたします。

 



2020.02.21 Friday 13:11
住職雑感 comments(0)
『スッタニパータ』を読んでいます

 

 2020年2月16日(日)14時〜15時30分、東雲寺仏教講座「『スッタニパータ』を読む」第3回を開催しました。

 以下の4種類の現代語訳を並行して読み、異同、比較しながら、できるだけお釈迦さまの〈言葉〉に迫る試みを通じて仏教の教えを学ぼうとしています。

 今回は中村元先生の訳で言うと「三、犀の角」のうちの41詩〜71詩までを読みました。

 

中村 元訳『ブッダのことば スッタニパータ』岩波文庫、1984年
荒牧典俊・本庄良文・榎本文雄訳『原始仏典』第七巻「ブッダの詩 機廖屮好奪織縫僉璽拭兵畭困里海箸弌法弭崔娘辧■隠坑牽暁。『スッタニパータ〔釈尊のことば〕全現代語訳』講談社学術文庫、2015年
宮坂宥勝訳『ブッダの教え  スッタニパータ』宝蔵館、2002年
渡辺照宏著『渡辺照宏著作集』第五巻 仏教聖典一「スッタニパータ」筑摩書房、1982年

 

 まず、「三、犀の角」の45詩を4種類の書籍で読みます。

もしも汝が、〈賢明で協同し行儀正しい明敏な同伴者〉を得たならば、あらゆる危難にうち勝ち、こころ喜び、気をおちつかせて、かれとともに歩め。
もしも思慮深い友にして、目的を同じくして行き、正しい修行生活をする知者が得られるのであれば、あらゆる四方八方から流れ込もうとする輪廻の荒波を超克し、よろこびに満ち、あるがままにいまここの存在を自覚しつづけながら、かれとともに行くがよい。
もしも、そなたが賢明な仲間を得るならば、〔また〕共に歩む堅固な〔心をもつ〕同伴者を〔得るならば〕、あらゆる危難を克服し、心喜んで正しい想念を保ち、彼といっしょに行くがよい。
聡明で、行ない正しく、賢い同伴者を友として得たならば、あらゆる苦難にうち勝ち、喜び、思慮ぶかく、彼とともに行動せよ。

 

 次ぎに「三、犀の角」の46詩を4種類の書籍で読んでみましょう。

みます。

 しかしもし汝が、〈賢明で協同し行儀正しい明敏な同伴者〉を得ないならば、譬えば王が征服した国を捨て去るようにして、犀の角のようにただ独り歩め。
 もしも思慮深い友にして、目的を同じくして行き、正しい修行生活をする知者が得られないのであれば、あたかもかのマハージャナカ王が統治していた王土を放棄してそうしたように、ひとり離れて修行し歩くがよい、あたかも一角の犀そっくりになって。
 もしも、そなたが賢明な仲間を得られないならば、〔また〕共に歩む堅固な〔心をもつ〕同伴者を〔得られない〕ようであれば、あたかも王が征服した国を捨てるように、犀の角のように一人で歩むがよい。
 聡明で、行ない正しく、賢い同伴者を友として得ることができないならば、征服された国を立ち去る王がするように、犀の角のように、ただひとり行動せよ。

 

 如何ですか。お釈迦さまの〈言葉〉に迫れるような感じがするでしょうか?



2020.02.18 Tuesday 18:27
仏教の教え comments(0)
<< 2/86PAGES >>